タグ:推理小説 ( 3 ) タグの人気記事

ダヴィンチ・コード

ダン・ブラウン。

いつも流行りモノにはなかなか手を出せないのだけど、今回はえいやっと文庫本を買ってみた。
まだ上巻の1/3だけども。もうアタリの予感がひしひしと感じられる。緊張感がイイ。早く続きを読みたいっ。仕事とかしてるばあいじゃない。
[PR]
by tockri | 2006-04-25 09:58 | └ 読書

長い長い殺人

宮部みゆき。

もう読む本に困ったら宮部様ってなもんで、ほんとにハズレがないねえこの方は。

いろんな人の財布の一人称で語られる短い章が積み重なって全部でひとつの物語。なんせ語り部が財布だから、財布がうかがい知ることができる情報だけしか書いてない。財布の持ち主がどこを歩いてるのかわからないし、地名も出せない。たいていはポケットや鞄の中に入っているから視覚情報もあんまり無い。(財布が外に出されたときは周りを見ることができる)。でも、読んでるこっちはぜんぜん不自由な思いをしない。すんなりと物語が入ってくる。

すごいテクニック、なのだろう、たぶん。でもそこは宮部様なのでぜんぜん難しいとか大変そうとかいう感じを受けなくて、いとも簡単そーに書いてるように感じる。すごい。

あと、財布がかわいい。それぞれの財布はそれぞれに持ち主を愛していて、財布なりの表現でその心情を語る。
「叩かれたんだ、と気がついて、あたしは恐ろしさと腹立ちでけばがたちそうになってしまった。」
「この男は、恵里子さんと無理心中するつもりなのかも知れない。そう思うと、わたしは口金がカタカタ鳴りそうだった。」

財布が心底怒ったり怖がったりしてるとこ想像するだけでおもしろい。いい本。
[PR]
by tockri | 2006-04-01 20:14 | └ 読書

QED 神器封殺

高田崇史。

いつのまにか11冊目になっていたQEDシリーズ。このシリーズを読んでいると、あと京極夏彦とかも併せて読んだりすると、日本人の「神」への対し方というのはそういうことなのか~と洗脳されていく。こういう説がアカデミックに価値のある説なのかオハナシとして面白いだけなのか、歴史とかに知識の全くない僕には判断つかない。

ともあれ僕は日本人が神を祀るというのは鎮魂であり、呪縛であるというのを信じた。キリスト教やイスラム教のような帰依の対象、規範としての存在ではなく、非業の死を遂げた人たちがタタらないように封じ込めておくために祀る。だから日光東照宮で家康が睨みを利かせる場所に秀吉がいるし、太宰府には菅原道真がいて厳重に祀られて(封じ込められて)いる。

昔からそうしてきたというのなら、じゃあもっと昔、天照大神や素戔嗚尊、大国主命なんかも、朝廷-天武天皇に滅ぼされた御霊なんだろうと、そう思って古事記や日本書紀、風土記なんかを読んでみるとほら、こんなに二重三重の仕掛けがあるんだよと本は教える。

「神として祀る」というのはそういう意味=忌みなのだと思ってみれば、靖国神社に戦死者の霊を封じて、国のトップが(たとえ形式的にでも)祀り続けるというのは、日本的には当たり前のやり方なのかもしれない。非業の死者はそうしないと祟るんだから。

そういえばまた思い出したけど高校の時歴史の先生が「天照大神=卑弥呼」説を教えてくれたっけ。今はそれがけっこうポピュラーな説だと知っているけど、当時はやっぱり驚いた覚えがある。

今回の本では「蛇」がテーマの一つとしてでてくる。そういえば「祀」って言う字もまんま巳だね。蛇を信仰する古代宗教は世界のあちこちにあるらしいと何かで読んだ。世界中の民族がなにかそういう一つの記憶を共有しているのか、それとも人間という種の中にDNAレベルで蛇への恐怖心が植え付けられているのか。

楽しいねえ。
[PR]
by tockri | 2006-03-17 12:07 | └ 読書
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧