タグ:スキル ( 4 ) タグの人気記事

夫あまやかされすぎ

奥さんが妊娠して、周りに情報源となる経産婦の知り合いなどがないこともあり、雑誌を何冊か買ってきた。

そういうものを読んでいると、妊娠、つわりに関する知識が増えていく。奥さんのひどいつわりが決して珍しくないこと、いろんなつわりのパターンがあって、どうやら「全部入り」のようなこと、など。


妻が妊娠した夫の採るべき行動についてもいろいろと指南されていて、「ナイスパパになるために」(←なんじゃそら)みたいな読み物もあった。

曰く、
「自分の時間を削って家族との時間を増やしたり、本当は打ち明けたい仕事上のトラブルも自分の中で解決して、すべて自分で受け止める心構えが必要」(うろおぼえ)
それは「ナイスパパ」の必要条件でなく、「自立した成人男子」の必要条件なんではなかろうか。


笑ったのが「出産で入院するときの7日間作り置きメニュー」。
妻がいなくても夫だけでも温めて食事できるように、だって。

アホだ。

出産直前のしんどいときになんで7日分も(しかも妻の食べない)ご飯作らせてんの、とか、夫料理できなくても外食するなりコンビニ弁当なり食ってりゃいいじゃん、とか。


他にもいろいろ「これくらいなら夫でもできるんだからしてあげて」的なことが書いてあるのだけど、
・「くさい」と言われても「オマエもくさい」などと言い返したりしないで歯を磨く
・家事を全部任せきりにせず、できることから少しでも肩代わりを
どれもなんかこう、すごくバカにされてる感じ。甘やかしすぎなんじゃないの。もちっとできるよ。


でも、出産そのものに対しては何もできないんだよねえ。
[PR]
by tockri | 2006-06-14 12:41 | └ 胎児日記

下手が下手なままでいる害悪

「手術は掛け算よ。いくら優秀なメンバーが集まっても、0が一人いれば手術は失敗する」

と、医龍のERのボスみたいな人が言ってた。

最近、
「下手なくせに自分は上手いと思ってる人」
が独りで1年間自由奔放に書いたコードを、
「下手を自覚していて考えず理解せずにコピペと試行錯誤でなんとか動くようにする人」
が独りで半年間たくさん継ぎ足したコード、というのに機能を追加している。

その長さ、深さ、複雑さ、意図の読めなさと来たら、チェックボックスのデフォルト値をちょっとOFFにするだけで一晩かかるというシロモノ。すごい。
「プログラミングも掛け算よ。」
って。多少足し算して0じゃなくしたと思っても次の瞬間また謎のコードが出現して0がかかる。ここまでふんだんに0を掛けまくられちゃあどうしょうもない。

下手が下手なままでいると、上手な人の性能までスポイルしてしまうという典型だ。

組織において下手が増えると全体のパフォーマンスは指数関数的に悪化する。技術を要する仕事を行う組織は絶えず下手を少しでも減らす努力をしなければならない。上手であればなおいいが、それよりも「下手でないこと」が大事だと思う。

下手な人が存在するときに教育のコストを払えない組織には未来はない。
[PR]
by tockri | 2006-05-29 16:37 | ├ コンピュータ

スキルアップとかいう言葉その2

ITエンジニアに旬なスキルは何か? - @IT自分戦略研究所

こういう文章って誰が読むんだろう。
同社の教育・研修コースのトレンドからITエンジニアに「何が求められているか」を浮き彫りにしてみよう。

その受講トレンドにおけるキーワードは「ヒューマンスキル」「プロジェクトマネジメント」「ITサービスマネジメント」(ITIL)、「システム基盤」だ。

あー…やっぱり出てきた「ヒューマンスキル」。
会議のようなグループ活動が円滑に行われるように中立的な立場から働き掛けを行う「ファシリテーションスキル」や、潜在能力を引き出す「コーチングスキル」、あるいは「ヒアリングスキル」

うん。会議の上手なしきり方(「しきる」んじゃないって知ってるよ)と部下の上手な使い方とお客の話の聴き方ね。

なんか、大学で手品のサークルやってたときを思い出した。
当たり前なんだけど、飲んでるときに普通に喋ってて面白い人が手品やると面白い。そうでない人が手品やるとつまんない。場合によっては鬱陶しい。
でもサークルに入ってくる新入生が一番多く口にする入会動機は、
「話し下手なので飲み会とかで使えるかなと思って」
だった。

彼らは手品を練習して、ある人は明るく喋ってお客を喜ばせるようにもなり、ある人は陰鬱に俯いたままお客がひくのもかまわず手順を遂行した。

そういう痛々しさが「○○スキルを身につける」っていうことばの向こう側に見えるような気がしてならない。

僕にはこの記事よりもウチダ先生の「まず日本語を」という文章のほうがしっくりくる。
[PR]
by tockri | 2006-05-17 12:56 | ├ かんがえごと

スキルアップとかいう言葉

キャリアアップ、スキルアップ、どうもそういうのが気持ち悪い。

「今の仕事を続けていてはスキルアップできない」
とかそういう文脈で語られる。

彼がイメージしているスキルとやらはどういうものなんだろう。なんのためにスキルとかいうものをアップさせたいんだろう。ファイナルファンタジーで新しい魔法が使えるようになるみたいな、今まで倒せなかった敵があっという間に倒せるとか、そういう劇的な変化を求めてるんだろか。

そんなスキル、ありませんて。


それともただITの資格とかそういう「他人から見て」○○ができる、みたいなことを求めてるんだろうか。でもどんな仕事してても資格は取れるよなあ。まさか日常の仕事を普通にこなしているだけで資格試験の勉強にもなってしかも資格を取ればご祝儀が出て一石三鳥ウマウマウマーみたいな妄想を繰り広げてるんだろうか。

夢がかなうといいですね。


どっちにしても「スキルアップ」→「楽しく仕事できてお給料高い」→「シアワセ」の図式って、そのスキルとかいうものを「その人にとって」正しく評価してくれて、「その人にとって」適正な給料を払ってくれて、「その人にとって」楽しい仕事を割り振ってくれる、そういう空想上の会社が前提になってるように見えてしまう。

あえて「スキルアップ」なんて名前をつけなくても、「仕事に必要なことができるようになる」のは仕事やってれば当然だし、それ以外のいったい何をアップさせたいと言ってるのかいまいちわからない。

僕の文章も何が言いたいのかわからない。新年からグダグダです。
[PR]
by tockri | 2006-01-10 12:12 | ├ かんがえごと
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧