確率を受け入れること

自分にもうすぐ子どもが出来るということで、ソレ系の情報を気にして収集していると、ネットにあふれるヒステリックな親たちの言動が頻繁に目につく。

「雑菌」「合成」「電磁波」などのキーワードに過敏に反応して、我が子を浸蝕する全ての害悪から遠ざけるために必死な親たち。そういう彼らが、病院で使ってるタオルは実はクリーニング屋で合成洗剤で洗ったものですとか知った日には何を言われるかわかったもんじゃない。

その同じ彼らは、自分に対しては「仕事をしながら子育てするんだから完璧になんて無理です」とか言ってるわりに「行政」と「医療機関」に対して異常なほど完璧を求めたがる。

とくに医療機関への、妄想にも近いゆがんだ信頼はどうにもおかしい。

「(わたしはできないけど)プロなんだから赤ちゃんから片時も目を離さず世話できるはず」
「(わたしはわからないけど)プロなんだから赤ちゃんに害のある薬品などは全部わかってるはず」
「(わたしはできないけど)プロなんだから・・・・」

まあ冷静になって、知ってる範囲の知識でもわかることを考えてみればいい。

病院にベッドが30床あります。看護師は3人です。全ての看護師が昼間の8時間休憩も全く取らずに患者の面倒を見たとして、一人の患者は看護婦に何時間見てもらえるでしょうか。

こたえは 8 ÷ (30 ÷ 3) = 0.8 時間 = 48分。
で、実際には記録付けたり廊下を歩いたり医者と話したり、もちろん束の間休憩もとるわけなので、もっと少ない時間になる。そういう簡単な計算による結果はどんなスーパーマン的能力を持った人でも乗り越えることはできない。

薬品にしたって、使っている全ての薬品が害が「ない」ことを証明している、なんてはずないじゃんか。当たり前でしょ。


また、手術というのはある確率で失敗する。それは医龍みたいなスーパー天才外科医がやってもどうにもならない症状だったからかもしれないし、難しいところでちょっと手が滑ったからかもしれないし、数知れず出ていた兆候のうち特定の一つに気づかなかったからかもしれない。全部ひっくるめたものが失敗確率といえる。

分娩術というのは、実際に失敗確率が高い手術の一つらしい。死産は昔から数え切れないほど起こってきた。人間が最も死にやすいのは生まれるときなのかもしれない。でも最近、失敗を受け入れられない人が裁判を起こすケースがいくつか発生した。裁判になってしまえば、医師の不手際を調べざるを得なくなる。調べれば、たいてい何かは見つかるだろう。

「プロなんだから不手際なんかあるはずがないしあってはならない。だから不手際があれば有罪だ」

という人は、自分が仕事上で一ヶ月に何回不手際を起こすか思い出してみれ。僕は一ヶ月で数十個のバグを作ってる。それがシステム上致命的な場合もあるし(…いや、あんまりないか)、ちょっと表示が乱れるだけの場合もある。でもその表示が乱れたことによって、たとえば人が死んだら、僕は有罪か?勘弁してくれ。



産婦人科、小児科のお医者さんが減って、歯医者さんが激増中だという。

自分が医学部を出たての研修医だったとして、医師免許を首尾良く取ったはいいがさて、何科の医者になろうかなと考えると、そりゃあやっぱり産婦人科や小児科にはなりたくない。仕事上のケアレスミスで、まさか裁判起こされて、最悪前科が付くなんて、そんな馬鹿馬鹿しい仕事はしたくない。できるだけ人が死なない科がいい。そう考えれば歯医者サイコー。

産科医が減れば困るのは妊婦とその家族なのに、自らヒステリックな振る舞いをすることで職業選択を始めたばかりの若者に大きなプレッシャーをかけている。

あ、いいのか。困るのはダイレクトに自分じゃなくて数年後に妊婦になる人たちだからいいのか。そっか。
[PR]
# by tockri | 2006-08-30 17:17 | ├ かんがえごと

門司

c0041583_22463144.jpg

門司、下関へ日帰り。

朝10時頃に出発して12時前には門司港に到着、うまいこと一日400円の駐車場に停めて船で下関へ渡る。スムーズだ。企画および調査の奥さん有能。

下関の唐戸市場は、いままで行ったことのあるどこの市場とも違って、あっちこっちの魚屋さんが寿司を売っていた。お昼時になると昼ご飯を売り始める魚屋。そしてその辺のテーブルで椅子を出してくれて座って食べられる。なんだここ。

並んでる美味しそうなモノたちの中からとりだしたのは鰯、炙りトロ、穴子、天使のエビ(?)、ヒラメ、ギントロ(鮭)、車エビ、ふぐ、白子、そしてふぐ刺し。二人で2500円。

で、旨い旨いと食べた後、またもう一皿ずついろいろ買ってきてこんどは港を眺める芝生でのんびり第2回昼飯。


門司港に戻って、「門司港レトロ」という妙な観光地を見に行った。「レトロ」を前面に押し出してくる観光地が気に入った試しはなくて、ここも、まあ、残念な感じ。

門司港のそれ以外の場所は良かった。とくにJR門司港駅はとても綺麗な建物がとてもいい古び方をしていて、それでいて明るくて風が通っていて気に入った。

門司港には大正、昭和初期からずっと建っている建物がいくつかあって、大連航路の旅客船が着いた、元岸壁(今は埋め立てられて岸壁じゃなくなってる)の横の大きな待合所なんかは時代をずっと見てきた重みが感じられた。が、その建物は観光資源としては全く利用されておらず、ただ朽ち果てていて、真ん前に「海峡ドラマシップ」ていう大きな建物がなにか頑張っていた(興味なし)。


僕が明治、大正、昭和初期という、日本に綺麗なモノがたくさんあった時代の「遺跡」を好ましいと感じるのは、それを心底美しいと思う人たちがいて、ずっと今まで残してくれたことが嬉しいのだと思う。また「遺跡」の方も、当時の大金持ちの財力と最高の職人の手によって手抜きのないレリーフや細工や刺繍が細かく施されている、そういう細部によって全体が引き立てられる良さにふれられることが嬉しい。

自ら「レトロ」と名乗り、プラスチック整形でそういう時代に何となく似せただけの観光地の、そういう良さを全く持たないくせに上がりだけいただこうとする卑しい心持ちが鼻について仕方ない。


門司港は、いいからあの待合室を資料館として見学できる形にするように。
[PR]
# by tockri | 2006-08-20 22:46 | ├ 旅日記

女子バレー、キューバに圧勝

去年の日本代表とはずいぶん変わってる、という印象をうけた。

なによりも、昨日の試合で目立ってたのは大山、荒木、木村。オリンピックの時「スーパー女子高生」だった木村サンは今日20歳の誕生日だってさ。

日本代表しか見てないので、荒木は僕にとっては初めて。腕力の強い人だねえ。腕のスナップだけで強い球を打てるからクイックが速い。1試合のスパイク決定率90%ってなんだそれ!

大山は、なんか、たくましくなってた。以前はお姉さんたちに囲まれて、打ちやすい球だけ打たせてもらってた印象だったけど、今年は「困ったらとりあえずカナ」て感じで頼れる主砲になってた。

木村、この人あんまり変わらず。相変わらずの器用さに磨きがかかってなんかセッターもやるんだとか。すごい。こういう技巧派のアスリート、僕は好きなんだけどなぜかあまりテレビでとりあげられないところがまた謎。

カオル姫とハイタッチできない不思議ちゃん
[PR]
# by tockri | 2006-08-19 09:44 | └ 出来事、雑感

簡単にさばく

長ズボンのとっくりです、こんにちは。

「捌く」という言葉があって、これは僕のお気に入りの動詞ベスト10に入る。残りの9個は知らない。「裁く」じゃなくて。

将棋で「捌き」というと、駒の取り合いをしかけて大駒のまわりの駒をシンプルにして、次の手の選択肢を広げる技術を指す。

サッカーで「捌く」というと、狭い面積で膠着しかけたとき、あるいはその前にフリーになっている味方に素早くボールを預けて攻撃を有利に展開することを指す。

蕎麦を捌くといえば、細く切りおわった蕎麦がお湯の中でくっつかないように一本一本の間に空気をいれてばらけさせることを指す。


思考が膠着することが嫌いだ。狭い局面であーでもないこーでもないとぐちゃぐちゃ考えていて、結論が出ないような話し合いが大嫌いだ。その狭い局面を抜けて、次元を一つあげて大局を見れば、考えてもどうしようもなくある一方の結論しかありえないようなことが多い。

熟慮するのと思考が膠着するのとは見た目が似ている。でも出てくる結果は全然違う。熟慮するというのはいろんな視点から問題を再構成して、全体最適を求めることだ。そこに必要なのは「簡単に捌く」技術だと思う。
[PR]
# by tockri | 2006-08-17 09:13 | ├ かんがえごと

見苦しい論理

アクセスの多い/公共性の高い/地位のある人が書いてる、ブログとかコラムとかで、気にくわない意見を見つけた人が難癖つけるときに使う論理

「公の器でそのような狭量な意見を書くべきではない、あなたはそう思うかもしれないが、そう思わない人もいるのだ」

実にくだらない。

そこにあるのは、「おれは公じゃないから狭量で許されるが、おまえは許されない」という勝手な勘違いだ。

単に「俺はあんたの意見に賛同できない」となぜ書かないのか。

「狭量な意見」は得てしてとんがってて面白いかわりに、反対の意見を持つ人も当然多くなる。書く方はそんなこと承知の上でエンターティメントを提供してくれてるというのに、眉をひそめてさも常識人のふりをして、大人の楽しみを台無しにする連中がとても嫌いだ。
[PR]
# by tockri | 2006-08-16 09:51 | ├ かんがえごと

半ズボン

イザ!:【コラム・断】いい大人が半ズボンとは
近頃は、いい齢(とし)をした社会人が休日の外出に半ズボンを着用する。電車の中、映画館、ホテル、コンサート会場と、どこへ行くにも半ズボンだ。
うっ。ドキッ。

僕仕事行くのも半ズボンだ。しかも裸足に雪駄履き。しかもTシャツとアロハ。チャリ通勤だから電車内にはいないけど。
腹が出ている中年男がウエストがゴムの半ズボンをはくと実にみっともない。また、スネ毛を出すのは傍目に暑苦しく見苦しい。
腹はまだ出てない。ウエストがゴムでもない。いちおうベルトしててパンツはでてない。でもスネ毛はでてる。ごめんなさい。

さすがに社外の人と会うときはスーツか、カジュアルでいい人のときでもスリムジーンズとちょっと上品系のシャツにする、ということは自分でも半ズボンはやっぱりくずれすぎでしょ、と思ってるってコトなんだよね。

明日から長ズボン履こうかな…ジーンズで雪駄。だ、だめかな。

(以下、今日の本題 :-P)そしてこの記事において見るべきはトラックバック一覧

すごい。みんな半ズボン大好きだ。「オレ正しいオマエ間違ってるオマエ悪!」のてんこ盛り状態。なんでこんなに居丈高に無邪気に他人をこき下ろせるんだ。


僕がこのコラムを読んでまず考えたのは、たとえばネットじゃなくて、講演会かなんかで、どっかの講堂でいすを並べて聞いてて、壇上の何某氏が「半ズボンは幼児性の表れだ」と自信満々で宣言する(正直そんなつまんない講演は聴きたくないけど)、聴衆が半ズボンの僕のほうをチラチラ見てクスクス笑う、そういう状況で、僕はなにかやり返せるだろうか、ということ。

もちろん「公の場でそのような云々」なんてのは全く意味を持たない。それこそ「ね、みなさん、あの半ズボンの人幼稚でしょ?」と言われて会場が笑ったらアウトだ。

「そんなの個人の自由じゃないか。あなたは不快か知らんが僕は不快じゃない」というのもどうも弱い。「私は私が気にくわないことを申し上げたのだ。」と言われて二の矢を継げない。

なんとか世の中に適合できてない老人の繰り言を笑う図式に持って行ければいいのだけど。あとはさりげなく関係ない話題で「半ズボンなのにめっちゃ仕事できそう」な感じをあたえるような質問をするとか。

bunさんあたりだと当意即妙かつ意地悪な笑いをつくりだせるのかも(釣り)
[PR]
# by tockri | 2006-08-16 09:07 | ├ かんがえごと

靖国「問題」?

総理大臣が靖国神社にお参りするのがなんだか「大問題」ってことで、朝から何台ものヘリコプターが5台の黒塗り車を追っかけて「今、どこそこの角を曲がりました!」とかやってた。そりゃあ曲がるよそっちに行きたいんだから。

不思議がいっぱいだ。

テレビ局のみなさんのあの特番組むほどの「やる気」はどこから出てくるのかよくわからない。

ニュースの画面には「靖国問題」って書いてあるのだけど、なにがどのように問題なのかが実際のところよくわからない。いや、中国や韓国がいやがってるとかそういう、薄っぺらい話じゃなくて。

うーんと思って「A級戦犯」で検索したら、
A級戦犯合祀は自らやめるべきである(7月20日改)
というテキストがあって、まずこの文章がすごかった。当時の天皇の言葉、東京裁判の位置づけ、なるほどそのような問題があったか。

そのコメントにまた
結論から先に述べるならば、「合祀はやめるべきではない」です。以下理由は次の通りです。
と始まる冷静で抑制のきいた議論があり、さらに法哲学に関する丁寧な丁寧なコメントをつけてる人あり、なんでネット上にもかかわらずこんなに教養高くてノイズの少ないページになるのか、不思議なほどの上質さに感動。と思ったら、コメント番号を見るにノイズコメントは丹念に丹念に削除してるのか。すごい手間だ。

高校の歴史で第二次世界大戦の所あたりになると年末近くてざっと流す程度になっちゃって狭くて浅くて面白くも何ともないんだから、こういうテキストを読むと良いと思った。

おそれおおくてトラックバックなんかできません。
[PR]
# by tockri | 2006-08-15 13:52 | └ 出来事、雑感

停電が。

あったらしいですね東京千葉。

「送電線が一本切れただけで大規模停電になるなんて脆弱な」っていう意見もあるけども、いやー25万ボルトの基幹電線が切れたにもかかわらず2時間で復旧できるあたり、よくできてるフェイルセーフだなーと感心していた。

無駄なほど金をつぎこんでるだけのことはあるなー東京電力。


1. まず事故が起こりにくいようにする
2. 小さい事故が起こっても全体に影響がでないようにする
3. それでもどうしようもないほど大きい事故のときはできるだけ速く復旧できるようにする

今回は3のとこがよくできてたなーと思うわけです。

だって25万ボルトだよ。毎秒とんでもない量のエネルギーがあの中流れてるんだよ。そりゃどこにもまったく影響がでないようにするなんて無理だ。ていうか、どこにも影響が出ないってことは、つまり普段は完全に余った状態になってるってことだ。最高級のヒラメの塩釜焼きを焼いて、万が一落としちゃった場合のことを考えてもう一尾焼いておくみたいなもんで、大使閣下の料理人じゃないんだから。

ただ、1のとこ(事故が起こりにくいようにする)はどうなのかなー。
乗務員は「橋をくぐった後、長さ33メートルのクレーンを上げたところ、送電線に接触した」と話しているという。
ドジな船員さんがまちがえてクレーンあげたら送電線を切ってしまう危険がある。そういう「切れやすさ」は、どこまで備えるべきなのかってのは、誰も決められないねえ。むずかしい。
[PR]
# by tockri | 2006-08-14 13:42 | └ 出来事、雑感

胎動

みじんこが奥さんのおなかの中でごそごそ動いているようで、手を当てるとときどき「ゴン」と足だか頭だかわからないけれどぶつかる感触がわかるようになってきた。

食後に「栄養キター」って感じでわかりやすく元気になるあたり、素質十分というか。

声を覚えてもらわなきゃいけないので何か話しかけようと思うけど、改まって何か言うこともないので落語のあらすじを話したりご飯の感想を述べたり、我ながらあんまり頭良くない。
[PR]
# by tockri | 2006-08-14 11:02 | └ 胎児日記

公開いじめショー

いつも朝、テレビでズームインとかめざましとか思いっきりとかを見かけると、「あ~あ」とげんなりすることが多い。

幼児殺人だとか子供がプールで亡くなったとか監禁とかゴミ屋敷とかを、そんなに何日も何日もかけて、しつこく「報道」とやらをする必要があるのかがわからない。そういう事故やら事件が起こりました、これこれの原因で起こったようでどうこうの処理をされました、そこまではまあいいとして、犯人の小学校の卒業文集やら被害者の通夜やら、関係ないじゃん。公共の電波は一分一秒が貴重なんじゃなかったの?

わかりやすく「悪い奴」とか、行政の不行き届きとか警察のミスとか、そういうのをこきおろすのはたいへんキモチイイことなので、じゃあみんなでこきおろそうぜってテレビ主導の「公開いじめショー」を行ってるように見える。いじめる対象は「普通」から外れてれば外れてるほどいい。

いじめショーの獲物として好都合なのは、
・精神病っぽい犯人:みんなで「うわぁ気持ち悪い」「あーはなりたくないわねぇ」と見下すのはとてもキモチイイので好都合。もちろん責任能力がある範囲内でないとだめ。完全にラリラリなのはショー向きではない。
・ヲタク、引きこもり:同上
・行政、公的機関:みんなが「絶対に間違えてはいけない」となぜか厳しい目で見ている対象なので凡ミスでも思いっきり叩けてキモチイイ。そして報復を受けにくいので好都合
・教師、病院:同上

たぶん不都合なのは
・同業者:その事件では思いっきり叩けても、他の事件で叩き返される危険が大きいので不都合
・政治家、政党:大人の事情が。最初は威勢良く叩いてても次第にうやむやになる。
・暴力団:大人の事情が。
・大企業:大人の事情が。ただし叩ければかなりキモチイイので、三菱自動車とか雪印とかみたいに再起不能になりそうなほどの大失態の場合は、報復の危険が少ないので大いに叩く。
・宗教:同上
・中小企業:叩いても大してキモチヨクならない。
・普通の犯人:同上


いじめのネタになりそうなものを何でもかんでも持ってきて適当に理由づけてストーリーを書くのが脚本家の仕事なのか。もし僕が何かちょっと珍しい事件を起こしたらきっと小学校の卒業文集に書いた将来なりたいモノ、「天皇陛下」って、「いやそれ世襲制だから」のツッコミ待ちの、当時としては精一杯のギャグを持ってこられて
「当時から誇大妄想のケがあったようで…」
とか言われちゃう。あとこのブログもきっと上手に切り貼りされて気持ち悪い怪物が書いたものみたいに編集されちゃう。きゃーこわい。
[PR]
# by tockri | 2006-08-07 01:29 | ├ かんがえごと
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧