<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

do better way

「最悪な現状を抜け出すために~~~をしよう」
「でもさ、そうすると今度は~~~っていうことになるんじゃ…」

やらない理由で多いのは、「それを極端にやりすぎた場合の弊害を想像」すること。

・その弊害が起こった状況と最悪な現状のどっちがましか?
・で、それを極端にやりすぎるなんてことが、このメンバーで、この状況下で、本当に起こると思うか?
・面倒だからやりたくないという気持ちはないか?

判断するっていうのは選択肢を比べてどっちかましなほうを採るってことだ。最上な選択肢があればいいけど、大抵はそんなもん無いので、なにかしら文句はでる。しょうがない。
[PR]
by tockri | 2006-05-31 11:16 | ├ かんがえごと

僕が経済学を胡散臭くないと思う理由

「経済は人の集合が生み出す物で、人はみんな違う考え方をしてるんだからそんな簡単な数式に落とせるはずがない」
というのが、経済学を胡散臭く感じる人々の意見らしい。各個人の多様さ、およびオリジナリティを無邪気に信じていらっしゃるわけで、それはそれでまあ、そう思っていることを止めはしない。

僕は、人ひとりのオリジナリティなんてのは多くの場合大したことないと思う。

「自他共に認める変人」なんていう人も、どの学校にも一人や二人はいて、そういう人の話をすると「ああ、ああ、そういう人うちの学校にもいたよ」なんて、つまり数百人に一人レベルのユニークネスなんであって、ぜんぜん大したことはない。自分で「あたし不思議ちゃん」て思ってる「フツーの人」の数なんてなるとその何倍にもなる。

よっぽど突き抜けちゃって何万人に一人、日本に一人、世界に一人、なんていう大変人もいることはいるだろうけど、しょせんそんな人は一人ずつぐらいしかいないので統計上はゼロになる。

「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」なんて幻想だ。十人十色というけれど、百人なら百色にはならなくて、たぶん三十色ぐらいになる。千人で百色とか、つまり各個人の「違い」なんてのは、机上の議論でも十分カバーできる程度の範囲に収まるのだと思う。

ミクロに観察する場合「バラの木には一つとして同じ花はないのだよ」と言えたとしても、大ざっぱに見れば「全部バラじゃん」。いきなりサクラの花がついてたりはしないもんだ。


空気中の分子はそれぞれがバラバラの方向、スピードをもって飛んでいるが、各分子は気体でいられる程度のスピードしか持たないし、三次元や壁に制限された方向しか持たない。だから「1リットルの空気」として平均してしまえばたった一つの温度、圧力の値で語ることが出来る。

人間だって、「想定の範囲内」のユニークネスが集まるとき、その集まりは「集合」としてシンプルなモデルで扱うことが出来るのだと思う。経済合理性とか、マクロ経済理論を(っていうか勉強してないけど。そういう物に依拠したお話を)すんなり受け入れられるのは人間を集合で扱うことに違和感を感じないからだ。
[PR]
by tockri | 2006-05-30 10:26 | ├ かんがえごと

下手が下手なままでいる害悪

「手術は掛け算よ。いくら優秀なメンバーが集まっても、0が一人いれば手術は失敗する」

と、医龍のERのボスみたいな人が言ってた。

最近、
「下手なくせに自分は上手いと思ってる人」
が独りで1年間自由奔放に書いたコードを、
「下手を自覚していて考えず理解せずにコピペと試行錯誤でなんとか動くようにする人」
が独りで半年間たくさん継ぎ足したコード、というのに機能を追加している。

その長さ、深さ、複雑さ、意図の読めなさと来たら、チェックボックスのデフォルト値をちょっとOFFにするだけで一晩かかるというシロモノ。すごい。
「プログラミングも掛け算よ。」
って。多少足し算して0じゃなくしたと思っても次の瞬間また謎のコードが出現して0がかかる。ここまでふんだんに0を掛けまくられちゃあどうしょうもない。

下手が下手なままでいると、上手な人の性能までスポイルしてしまうという典型だ。

組織において下手が増えると全体のパフォーマンスは指数関数的に悪化する。技術を要する仕事を行う組織は絶えず下手を少しでも減らす努力をしなければならない。上手であればなおいいが、それよりも「下手でないこと」が大事だと思う。

下手な人が存在するときに教育のコストを払えない組織には未来はない。
[PR]
by tockri | 2006-05-29 16:37 | ├ コンピュータ

Bon Echo Alpha2のスペルチェック

Bon Echo Alpha、メモリの潤沢なマシンで使うとなんだか描画も速いし細かく改善されてるとこも多いし嬉しい(Firefox 2.0の新機能@えむもじら)んだけど、textareaでスペルチェックが走る関係上か、長い文章を書いてるといきなり書いたものが非表示になったりしてあせる。

テキストエディタで書いてコピーすればいいじゃなーい

いや、まあ、そんなイケズ言わんとぉ。

で、日本人が日本語書く上でスペルチェックなんて必要ないっていうか、ATOKがやってくれちゃってるので。スペルチェック機能をオフにできないか試してみたら一発で当たった。

about:configで
extensions.spellcheck.inline.max-misspellings

を0に設定。

これでスペルチェックをOFFにできてるみたい。
[PR]
by tockri | 2006-05-25 19:55 | ├ コンピュータ

Dell LATITUDE D820

c0041583_17252070.jpg

今まで4年ほど気に入って使ってきたDynabookだけど、出先で開発しなきゃなんないってことでデスクトップみたいに使おうとするとさすがにメモリとかスピードとかつらくなってきた。

そんなわけで
「機械なんかに貴重な僕のクリエイティビティを邪魔させるな」
と大変居丈高な主張をして会社の経費で購入。
Dell LATITUDE D820

「えー仕事で使うノートってThinkpadじゃねえの」
と、まあ、言うよね、普通。しかしこのノートは絶対的に他の製品と違うところがあって。

怒濤の解像度1900x1200!そこいらのノートのXGA 1024x768なんかと比べたらタテヨコ2倍弱!

15.4インチワイド液晶にこのハラショー解像度を詰め込んだDELLに拍手を送りたい!
いや、液晶パネルつくったのはSUMSUNGだかSHARPなんだろうけど、「ノートPCにこの解像度載っけたら高くても誰か買うって」と果敢に製品ラインナップに取り入れたDELLがやっぱりエライ。だって他の会社からこんなの出てないもの。

プログラムを書くとき、縦に何行表示できるかというのは開発スピードにダイレクトに影響する。少なくとも僕の場合は。(頭でたくさんのことを覚えてられないので表示しとかないとわかんなくなるのな)

それから10ポイントの文字が14pxで表示されるのと18pxで表示されるんでは、読みやすさが格段に違うんですよ奥さん!解像度バンザイ!

心配だったのは、Firefoxで「最小フォントサイズ12px」と指定しているけれど、その12pxはどんだけちっさくなっちゃうんだろうかという事だった。

結論は。…えと、やっぱちょっとちっさいや…じーっと見ると目が疲れる。でも大丈夫。よく読むようなところはユーザースタイルシートでフォントサイズを10ptにしてるから。livedoorブログとかファッキンなx-small指定のとこでも強制的に10pt。いやあ読みやすい。アンチエイリアスのかかったフォントを使っているのでピクセル数が増えるとほんとに目の疲れが格段に違う。

145dpiの世界へようこそ。といいたいところなんだけど、僕にとっては超ステキな世界だけれども、世の中72dpiとか96dpiなので、その画面でしかモノを作ってないひとが大量にいるので、自分だけ145dpiだとレイアウトが崩れたり半端に改行したりと、まあ、いろんな事が起こる。かくいうこのブログも幅がピクセル指定なのでこのマシンで見ると狭いところにぎゅーぎゅー押し込んでるみたいになってしまう。てなわけで、素人にはおすすめできない。


(2006/6/1追記)
キーボードがね・・・あまりにもヘボすぎて。デスクトップで東プレRealForceを使っていた反動でものすごいヘタレキーボードに感じられる。プチプチした反動、嫌い。
[PR]
by tockri | 2006-05-25 17:49 | ├ モノ

18.1mm

みじんこの発育を確認しに病院へ。
奥さんはエコー動画を見せてもらって「心臓とか動いてたー」とご満悦の様子。僕見てない。こんど見せてもらえるか聞いてみよう。

大きさは18.1mmになったそうで
(あたい大きくなったけどこの部屋ちょっとしか大きくなんない)
(はっ。もしかしてこのままどんどん大きくなったらすごい窮屈になるんじゃ)←なる。
(でもそろそろ家具(胎盤)でも欲しいなー)

たぶんまだ自分のことしか考えてない。
[PR]
by tockri | 2006-05-24 12:09 | └ 胎児日記

はいはいおこちゃまはあっちいってましょーね

せっかく優れた知性の持ち主が一生懸命調査したり神様が降りてきてひらめいちゃったりして統計的に有意な傾向を見つけ出し、
「○○な人は△△だ」
とシンプルで面白い法則を打ち立てているのに、(言い切りにくいことをえいやっと飛び越えて言い切っちゃうのが面白い)

「いやいや、○○だけど△△じゃない人もいるぞ」
なんてチョット考えれば誰でも思いつくようなチンケな反例を挙げて自分のほうが賢いとアピールしておバカさ加減がだだもれな方を見ると、
「ああはいはいわかったわかったヨチヨチ」
と丁重に退場願いたい気持ちになる。


(今なら言い放題)
トシ食っても女に縁がない人は仕事でも面白味に欠ける。
正規の勉強してない「自己流の達人」はチームプレイでは「迷惑な人」に成り下がる。
[PR]
by tockri | 2006-05-23 16:43 | ├ かんがえごと

環境音が業務効率に与える影響

音楽、ラジオ、飛行機の音、トラックの音、などなど職場の環境音が業務効率に与える影響について考察していた。

ていうかね、最近働いてる出先で毎日同じFM局が一日中かかっているんだけども、これがどうも僕に合わないらしく、いつもなら集中すればするほど疲れを感じないんだけど、どうにも集中できなくて気づくとラジオのパーソナリティの品のない会話にイラついている自分がいる。

あと同じ音楽を毎日毎日かけんなよとか、しかもサンボマスターかよとか、リスナーが電話に出てて、なんか奇声あげさせられててうるさいとか、何で38歳にもなってラジオに電話かけてんのとか、とにかくやだ。

人間の脳は、ことばが聞こえているとどうしても処理してしまうということを聞いたこともあるし、これはということで、ラジオに負けない音量でiPodを聞くことにした。歌の入ってない曲ばかりをならべたプレイリストでラジオを遮断する。

音量うるさい…でもガマン。

押尾コータロー、DEPAPEPE、DUETWO、ジョアン・ジルベルト、野呂一生、その他ジャズいろいろ。

僕の仕事の効率は
無音>好きな音楽小音量>好きな音楽大音量>いやな音楽>ラジオのトーク
になってる気がする。
[PR]
by tockri | 2006-05-23 14:45 | ├ かんがえごと

コメントの価値と返信の数

スラッシュドットには「モデレートシステム」ってものがあって、モデレータ権限のある人がそのコメントに価値があるかどうかを格付けするようになっている。

モデレータ権限ってのは登録ユーザーの中でも過去に比較的価値のあるコメントを投稿していて、なおかつちょくちょく記事を閲覧しているという、ようするに模範的なユーザの中で3日間ずつ持ち回りになっていて、まあよくできた内部統制のやり方だなあと思う。

自分のコメントがどんな風に格付けされるかなっていうのはやっぱり興味があるので自分でも名無しさんでなく登録ユーザーで投稿するようにしてみたら、スコアが高いの低いのいろいろになっておもしろい。

で、自分のコメント一覧を見ていて思った。

コメントのスコアと返信の数が反比例してるような。

もともと僕の書く内容は返信しづらいと自分でも思うのであんまり返信がつかないのはそうなんだけど、スコアが低い=価値が低いとみなされたものほど返信が多いような。

そして、そういう返信の内容はたいてい否定的な「バーカ巫山戯た事をぬかすな」的なものが多いような。

ちょっと気になって、他の人のコメント一覧も2,3人覗いてみたところ、同じような傾向が見られた。

仮説 人は価値の低い意見に対してこきおろすとき、価値の高い意見と議論するときよりも筆が進みやすい

検証などは全く行ってなくて全くもって科学的でなく、スラッシュドットみたいなヲタクの集まり(あっ言っちゃった)を見て「人は」とか言うなとか、もういろいろごめんなさい。

でもさ、fjとかフォーラムとかのずーっと昔から、ネット上で「議論の場」と自称するところで
不毛なけなし合いの数>>>>何らかの知的財産を生み出した数
になってる現状って、つまりそういうことなんだろうなあって思わず納得してしまいそうになる「数値データ」なのでした。
[PR]
by tockri | 2006-05-22 11:48 | ├ かんがえごと

国家資格とか。

一級システム設計士、みたいな国家資格あったらいいのに。で、システム設計事務所みたいなもん開いてて、顧客の要望に合わせてインターフェイス設計、ハードウェア選定、アーキテクチャ設計、フレームワーク準備、クラス設計、開発マネジメントまでやるの。

当然そういう人は一級建築士みたいにすんごい給料もらってて。

いーじゃん。僕それになる。
[PR]
by tockri | 2006-05-18 14:29 | ├ コンピュータ
 
移転しました。
by tockri
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧