<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

要望モデル

システム屋がいう愚痴ランキングのトップは「顧客が言うことをころころ変える」で、二番は「前はそれでいいって言ってたのに今になって」というもの。

でもそれを愚痴るというのは、ほんとはおかしい。だって、顧客の要求って言うのは、本来的にそういうモノなんだから。


ちょうど、ギターの弦を張るのに似ている。

ギターというのは、ネックが反ろうとする力と6本の弦の張力の合計がつりあって、決まった音程を出すようになっている。

ギターに新しい弦を張るとき、1本ずつ穴に通して軽く張っておき、次に全部の弦が大まかに本来の音程近くになるようにざっくりと締める。1本だけ完璧な音程になるように締め込んでしまうのは全くの無意味だ。次の1本を張るだけで、弦の合計張力が大きくなり、最初に張った1本がどろどろに緩んでしまうから。

6本の弦が本来の音程付近まできたら、次は全ての弦が本来の音程にちゃんと合うように少しずつ調節しながら締めていく。だいたいこんなもんかな、というところで5弦(A)を440Hzの音叉と合わせ、5弦を中心にそのほかの弦を合わせていく。このときも、1本を締めると他の5本が緩む、の繰り返しなので、じわじわと「正解」に近づけていく。

音程がほとんどあっている、というところまできたら、最終的にぴったり合わせるために「うなり」を利用する。音叉が440Hzで鳴っていて、5弦の解放音が442Hzで鳴ると、よく聴くと「ウワンウワンウワン」と、1秒間に2回のうなりが聞こえる。このうなりを完全になくすと5弦が正しく440Hzで鳴っていることになる。このようにして隣り合う弦同士が調和するように微調整してドレミファソラシドが正しく出ればできあがり。

しかし、張ったばかりの弦は引っ張り続けると延びやすい為、1、2曲弾いてはまた調律し、の繰り返しでじょじょになじませていかなければならない。


顧客の要望に応えることについて考えると、
  • 一方を顧客の要望通りにすれば、要望の方が変化して先に終わったと思っていた方に新しく要望が発生する
  • 各フェイズごとに「うん、これでいい」というための方法も違うし求める品質も違う
  • 顧客(楽器)自身はどの状態が一番正しいのか知らない。わかるのは、「あ、これでできあがりだ」という感触だけ
  • 自分から勝手に鳴ることはない。とりあえず張って、こちらが弾いて鳴らさないと全くの無音。
  • いったん出来たと思っても少しするとまた要望がでてくる
というのは当たり前のことなんだ。
[PR]
by tockri | 2006-04-29 11:04 | ├ コンピュータ

ゆふいん

大分県の有名な温泉地であるところの「ゆふいん」はややこしい。
「由布院温泉と湯布院温泉、どちらの表記が正しいのですか」という問い合わせが相次いでいるらしい(Asahi.com)。昔から温泉地として親しまれている場所は「大分県 由布市 湯布院町 にある 由布院温泉」だそうな。

もともと「由布院」という地名しかなかったところに、湯平町との合併で「湯布院町」ができたのが混乱の元、さらにその辺り一帯を含む市の名前が最近「由布市」になってしまったため、「あのNHKの朝ドラでやってたゆふいんってたぶんこの由布市だよね、由布岳もあるし」なんてえことになってしまった。

で、そんなことになってしまってる僕たちが、そのあたりに出かけていった。家からたった2時間で着くんだもの、行かなきゃ。

で…行ってみると、想像以上にわからない。

とりあえず由布院駅に行ってみると、いかにも観光地という感じで土産物店がならび、おしゃれっぽい駅舎とレトロバスとかがあったりして。

そこから少し移動して「由布院温泉」と地図に書いてあるあたりを走ると、比較的大きめの老舗旅館が建ち並び。

「民芸村」とかいうところへいくと雑貨屋さんとか立ち並んじゃって倉敷の美観地区とか軽井沢みたいなことになっている。

「由布岳温泉」というのもあって、田んぼに囲まれた集落に温泉がいくつかあって、近くの観光案内所の横に「健康温泉館クアージュゆふいん」とかいう温泉施設が建ってて、お手軽っぽかったのでそこでひとっ風呂。

由布岳の麓の道を走ってると「豊のしゃも」とか書いてある看板が目に入ったので細い岩道を上がっていって、「いづみや」ってお店に到達。しゃもの刺身とか鍋とかをいただいた。しゃもって初めて食べたけどすごい美味しいもんだねえ。

いろいろ走り回ったけど「ここが由布院」みたいなのがどこなんだかよくわからずじまい。「由布院ってどんなとこ?」と聞かれてもまだちょっと答えられない。とりあえずNHKの朝ドラでやってたみたいな原っぱが広くて農家が中心で、みたいな雰囲気は見つけることができなかった。
[PR]
by tockri | 2006-04-27 17:05 | ├ 旅日記

なぜ勉強をするのか

「どうして勉強しなきゃいけないの。学校の勉強なんて何かの役に立つの?」

という質問は、子供を持つ親が一度は問われる頻出問題だけれど、僕にとって模範解答と思えるものがあまり用意されていないので(はてなでもなんかたくさん答えている勉強大好きのみなさんがいるけれども)、最近ちょくちょく考える。

僕は理科や数学が好きで、たとえば高速道路で渋滞の先頭に達しても特になにもなくスルッと加速できてしまうような現象が、流体力学で近似的に説明できるんだろうなと納得できるし、マイナスイオンなんか嘘っぱちでトルマリンを高値で売りつけてくる連中は全員詐欺だと知ってるし、フィボナッチ数列が黄金比に近づいていくという事実の美しさに感動できたりする。

でも、じゃあそれが生活の役に立ってるのかといえば、たいして役には立ってないし、そのために勉強したなんてはずもない。

とりあえず一つの回答として、勉強とは学問をするための準備運動なのだというのを用意しておくことにする。

学問ってのはつまるところ「なんでそういうことになるのかな」とか「他にどういうものがあるのかな」とかっていう問いに対して自分が納得する答えを探す娯楽のことで、「なんで物は地面に落ちるのか」とか「なんで人は生きていくのか」とか「価値の交換をするにはどうしたらいいか」などの基本問題にはすでにずっと昔に僕よりずっと賢くて執念深い人たちが何百年もかけて答えを作り続けてきてる。

でも問いはどこまでいってもなくならなくて、「どうしたら紙飛行機は遠くへ飛ぶのか」「どうして第二名神高速をつくるのか」「どうしてお喋りするだけで何億も稼ぐことができるのか」とだんだん複雑になっていくときにもう一回何百年分繰り返してるわけにはいかないので、しょうがないから勉強、勉めて強いるつめこみをするしかない。

それに自分なりに一生懸命答えを編み出した後で「そんなのガイシュツ~(既出の2ちゃん用語)」とか言われるのも切ないものがあるので、現時点でどこまでの問いに答えが提示されているのか、リサーチしておくことも必要だ。幸い教科書として便利にまとめてくれてあるので、ただ読んで理解するだけで事足りて楽ちん。


二つめの回答として、「勉強がよくデキるほうが多分生きやすいから」というものも考えている。

世の中に何万種類の職業が存在するかわからないけど、そのうち現在の世の中で楽に生きられる職業の大半は、どうやらお勉強の成績がよろしいほうがなりやすい。「ああこの職業をやろう」と思ったときに便利だよね、と言っておけば、心からではないとしても、とりあえずはうなずくしかないだろう。


それでもごねるようなら、三つ目の回答は、「親が勉強しろっていうからだ」というのを繰り出すことにしよう。

子供は親に従う義務があるのだ、親の庇護がなくなったらすぐ生きていけなくなる弱者は守ってくれる人の言うことを聞かなきゃいけないのだ。親は勉強の意味を上記のように考えていて子供が勉強することを望んでいる、貴様が異議を申し立てるなぞ10年早ええ。独りで生きていく力を手に入れてからもの申せ。
[PR]
by tockri | 2006-04-27 01:28 | ├ かんがえごと

行った場所(まとめて)

最近どこかに出かけても記録を残していないので、数ヶ月~数年後の自分のためにメモを。

糸島半島

福岡市西区から西側へ出ると、糸島半島に至る。志摩、二見が浦、夫婦岩なんて、三重県とかぶる地名だけどもなにせこちらの「いとしま」は、かの名高い魏志倭人伝にも登場するあの(?)伊都国で、現在の地名で言う志摩町、前原市はそのへんを押し出していこうと考えているようだけれど成功しているかどうかは不明。九州大学の「伊都キャンパス」もこのあたりなんだけども、糸島の集落からすらも離れた見事なロケーションにちょっと気の毒になった。

糸島には幸せなモノがたくさんある。
  • すごいうまい「つまんでご卵(らん)」の地鶏と卵
  • 焼きカキ
  • かなり上等な蕎麦屋「桜井」
  • 醤油
  • 海辺のレストラン各種
  • めちゃくちゃ美味い「アンティカ・マリーナ」のパン
  • おもしろ酒屋(ふらっと立ち寄ったら仕事上の知り合いの実家だった)
まだまだありそうだ。これからもちょくちょく行くだろう。そのうち住むかも。

唐津

糸島を越えてずーっと走っていくと唐津につく。唐津城趾の階段を上がると見事な桜に迎えられた。唐津焼は、僕たちの好みには合ったり合わなかったり。もう少し評価期間が必要なようだ。

呼子

唐津をこえてさらに走っていくと呼子につく。呼子にはイカがある。活け作りがある。
透き通っている。
食べ始めるとあれよあれよという間に透明度が下がっていき、白っぽくなる。
透明なあいだ、旨い。コリプリ。
しあわせ。

海中展望塔という妙なモノもある。海の中に半径3mほどの丸い部屋が作ってあって、円い窓から魚に見物されるという施設で、入場料550円。ふぐの群れとかクラゲとかにじろじろ見られて気づいたら30分以上が経過していた。楽しい。
[PR]
by tockri | 2006-04-25 17:29 | ├ 旅日記

ダヴィンチ・コード

ダン・ブラウン。

いつも流行りモノにはなかなか手を出せないのだけど、今回はえいやっと文庫本を買ってみた。
まだ上巻の1/3だけども。もうアタリの予感がひしひしと感じられる。緊張感がイイ。早く続きを読みたいっ。仕事とかしてるばあいじゃない。
[PR]
by tockri | 2006-04-25 09:58 | └ 読書

タグ機能!

エキサイトブログに「タグ」機能がついたのだそうで、ちょっと実験してみよう。
タグ機能…「カテゴリ」よりもっとゆるく、「その記事に関連したなんかてきとうな単語」をいくつもくっつけておくような感じ
この記事には「ブログ」「ネット」ぐらいつけとこっか。

しかしエキサイトの中の人、せっかく機能を作ってくれたというのに文句ばっかり言われて気の毒。
タグの個数が3つっていうんならその制約の中でタグの軸をどこにおくか考えて楽しめばいいのに。まず「オレ的機能イメージ」を固定させて、実際のサービスがそのイメージからずれてるからって文句たらたら。
文句を言うのなんて別に楽しくないんだから楽しいことをしたほうがいいように思えるのだけど。

あ。文句言うのが楽しいのか。そっか。
[PR]
by tockri | 2006-04-24 17:45 | └ 出来事、雑感

設計をすることの意味

ごめん、めっちゃわかんない話をします。

Q. ソフトウェアの設計って何のためにするのか?
A. 複数人で開発方法を共有するため。
Q. よい設計とはどんなものか?
A. 作るのが楽で、変更するのが楽で、誰が見ても把握しやすい設計。
Q. フレームワークは何のためにあるのか?
A. 楽に作るため。各部の担当者が全体を細かく知らなくても作れるため。
Q. フレームワークを利用して、きちんと設計もしたのに楽にならないしどこがどういう風に動くか把握できないのはなぜか?
A. その設計がまちがってるから。

ソフトウェアの開発にフレームワークを利用することが多い。
でもそのフレームワークを何のために利用するのか聞くと答えられない人が多いのかもしれない。

「このやり方に従ってやれば作れるらしいので。」
レシピがないと作れない初心者は設計とかしないほうが良いと思う。

「DB接続が便利なので」
接続クラス作るだけなら僕が30分で作ってあげるよ。


フレームワークの基本的な考え方は、
同じようなことを毎回毎回書くの面倒でしょうから肩代わりしてあげますよ。ついでにちょっと便利にしてあげます。
ってことだ。

それなのにフレームワークを利用するためのお約束コードを毎回毎回繰り返して書かなきゃいけないとしたら、それは何かが間違ってると気づかなきゃいけない。

できあがったプログラム全体のなかで、コピー&ペーストで作られた部分ができるだけ少なくなるようなのがイカス設計ってえものだよ。
[PR]
by tockri | 2006-04-18 13:55 | ├ コンピュータ

琴平温泉・ゆめ山水

毎週どこかしら行っている九州初心者の僕たち。
今週は大分県の琴平温泉へ。

家の前に都市高速のICがあるため、家を出てから1時間ほどで100kmぐらい進めてしまう。あっという間に大分県日田ICに到着。屋根をあけて15分ほど綺麗な国道を走っていくと「←琴平温泉」の表示が。

国道を降りてそっちのほうへ向かうと、もうその時点でもう「当たった!」と思わせる風情が漂う。高瀬川沿いにいい感じにひなびた旅館が数軒並び、一番奥に「ゆめ山水」が。

この温泉は、すごい頑張って、お金をかけずに綺麗に作り込んである。そして男湯、ちょう開けっぴろげ。湯船から垣根の隙間を通して駐車場を歩く人が見えるし。川向かいの車道を通る車にコンニチハーだし。この開放感と高瀬川の上流側がずーっと見える風景をまるっと独り占めな感じがすごく気持ちいい。

「あうんの湯」という風呂場に階段がついていて、ナンダロウと思って覗くと川のすぐそばにまた小さな湯船があった。水面まで2m。ひょいと岩をまたいで川べりに出て水を触ってみた。つめてえ。

たいへん気に入りました。
[PR]
by tockri | 2006-04-10 09:03 | ├ 旅日記

成分分析

成分を分析してみた。


とっくりの成分解析結果 :

とっくりの91%は怨念で出来ています。
とっくりの6%は覚悟で出来ています。
とっくりの1%は赤い何かで出来ています。
とっくりの1%はやらしさで出来ています。
とっくりの1%はかわいさで出来ています。


怨念の塊!

本名でやってみたら

****の成分解析結果 :

****の27%は苦労で出来ています。
****の25%は税金で出来ています。
****の18%は回路で出来ています。
****の17%は愛で出来ています。
****の6%はツンデレで出来ています。
****の5%は大人の都合で出来ています。
****の2%は勢いで出来ています。

ツンデレ度6%。
[PR]
by tockri | 2006-04-06 17:48 | └ 出来事、雑感

会社のホームページ。

自分とこの会社のホームページを作った。こういうのを作ると、自分のデザイン能力の限界をまざまざと思い知らされてへこむ。

会社の他の連中が「Googleで見つからない」とかってうっさいからここからリンクして見つかるようにしてあげましょう。

有限会社S.A.T.
[PR]
by tockri | 2006-04-04 12:47 | └ 出来事、雑感
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧