<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

例えバトン

バトンをチェーンメールにしない方法がありました。
不幸の手紙とバトンの最大の違いは、トラックバックが時系列に依存しないこと。不幸の手紙だったら1度来たときに5通出して、もう1度来たらまた5通出さなきゃいけないけど、バトンは1度出したところにトラックバックがいくつ来てももう終わってるからすでに回したことになる。

つまり、最小ではたったの6人で
「他の5人にバトンを回す」
ことが可能になる。

と、変なことを書いておいてと。

落ちていたお三方(bunさんろじゃあさんひまわりてんびんさん)のバトンをいっぺんに拾おうというハナシでございます。先日隣の席で熱く語られていたのが印象に残っているひまわりてんびんさんはブログでははじめまして。

自分を色に喩えると

黄色。きちがいの黄ー…えと、高貴の黄。あうー
目標は無色透明の水のような人になること。柔軟かつ平安。黄色→無色透明になるには、…硝酸だっけ?が必要。

自分を動物に喩えると

猿。そのまんまで。

自分を植物に喩えると

サボテン?近寄ると刺さるよっ。あと超能力とか?(Intel入ってる+忍者ハットリくん)

自分を好きなキャラに喩えると

次元大介。永遠のナンバー2の位置でときどき本当の事をボソッと言って煙たがられる。

拾ってくれた人を色に喩えると

bunさんは渋いグレーシルバー。でもよくみると赤かなんかのストライプ入り。
ひまわりてんびんさんはオレンジ。明るい感じで。
[PR]
by tockri | 2006-02-23 14:21 | └ 出来事、雑感

探さないでください

とっくりは旅に出ます。お世話になった皆様さようなら。




ていうか引越しでネットつなげませんので。トラックバックスパムの人は遠慮してね。再開は3月2日、かな?
[PR]
by tockri | 2006-02-23 11:21 | └ 出来事、雑感

不条理なルール

どこもかしこもぐちゃぐちゃの混雑でまっすぐ歩くのすら不可能な駅の中で、エスカレーターの右側だけががらんと空いてるのっておかしい。ぜったい。

エスカレーターの右側にも人が立ってていいってことになれば、エスカレーターの運搬力は2倍近くになるわけで、そのぶん電車から降りた全員がホームから改札に到達するまでの時間は短くなるはずなのに。

エスカレーターの左側に素直に並んでるみなさんも、他の、群衆に紛れられるとこでは自分さえ良ければ的な行動をいっぱいしてるくせになんでエスカレーターでだけ行儀がいいんだろう。そんなに少数派になるのがいやか。まあいやだよね。僕もいやだ。

駅の人はエスカレーターのとこにこう書いておくべきだ。
「混雑時は右側を空けず、できるだけ詰めて混雑緩和にご協力ください」

それでも急ぐっていう人は階段を走れ。たいして変わらん。
[PR]
by tockri | 2006-02-17 02:14 | ├ かんがえごと

落語の型

最近徒歩通勤の30分弱、iPodで古典落語を聴いている。
@ニフ亭 ぽっどきゃすてぃんぐ落語
前座の前の段の二枚目の若手さんたちの落語が無料で配信されていてとてもお得。

こういうのを聴いてみるとやっぱりそんなには感動したり笑ったりしないんで、歩きながら聴いてても安全だったりして。そして逆に名人ってのは凄いんだよなあと納得したりする。志ん生の落語でも買おうか(思う壺)。古今亭志ん生が一発変換できないMS-IMEくたばれ。

で、いくつか聴いてあんまり笑えない中で、思わず歩きながら引き込まれて笑ってしまったのは三遊亭遊馬さんの「井戸の茶碗」。この人は、僕なんかが言うのもおこがましいけれど、巧いなあと思った。何がどう巧いとかはわからないけど。すんなりひっかからずに聴けて面白かった。


若手の落語家さんの話すのを聴いていると、僕は大抵の場合枕でひっかかってしまう。なぜそんな風に不自然な話し方をするのだろう、と思ってしまう。
「エ~、(スゥーッ)ようこそのお運びでございます、近頃は~、(スゥーッ)うー何でも便利になりまして~、夜中でもちょいとアレが欲しいてなことになりますてえとツイッとコンビニに行けば買い物もできるように…」(スゥーッ)は歯の間から息を吸う音。
若い30台ぐらいの声なのになんで「昔と違って」の話をしてるんだとか、なんで江戸言葉なんだとか。

春風亭小朝とかテレビで聴くようなメジャーな人になるとあんまりそういうことは思わない。江戸言葉だったりそうじゃなかったりするけれど、ぜんぜん違和感を感じない。不思議。小朝さんはナチュラルであることを重んじてるからまた特別か。


たぶん演じる前から「何かを真似て演じている感」が感じられてしまうのが僕は好きじゃないんだと思う。
[PR]
by tockri | 2006-02-16 17:52 | ├ 小咄

味覚の機能主義

会社の食堂でカレーそばを頼んで食べていたら驚かれた。

「ええっ、カレーにそばってありえなくない?」

そりゃあこっちも驚いた。え、ありえないほどナシなの?だって普通にメニューに載ってたし、まあカレーうどんのほうが多数派だというのはわかってるけども。

ほかにも

「あたし肉料理に果物とか使うの許せない。冷たく食べるはずのものを温めちゃうのがいやなのよう」
「なにこのパパイヤとかアボガドとかの海苔巻き。おれ海苔とごはんには魚介しかムリ。」

など、類例多数。

そういうのを原理主義っていうんですね、内田先生。(最近内田先生ばっかり)

なにもね、好きになれない味に一度当たっただけで一般化して「これこれこういうものは受容できない」と決めちゃうことはないと思うんだよ。とりあえず何も考えずに食ってみてからうーんと自分の好みに照らし合わせて「美味い」「不味い」だけ決めればいいじゃない。

決まった組み合わせしか受け入れない、なんて言ってる了見の狭い人は名古屋を見習うといい。あの地域はどういうわけか食材の順列組み合わせを全部試さずにいられない飲食店経営者が多いから、一見すると不思議なモノがいろいろ生まれていて、ということは新しい「当たり」をひく確率が0より大きい。(はずれをひく確率も大きい)

食パンとあんことか。
冷やし中華とマヨネーズとか。
ほかにも忘れたけどいろいろ。おえって思うようなのまで。

名古屋は食のカンブリア爆発だ。

言い過ぎた。ごめんなさい。名古屋の食べ物大好き。味噌大好き。
[PR]
by tockri | 2006-02-15 14:50 | ├ かんがえごと

反社会性人格障害

asahi.com: 奈良女児殺害 被告は「人格障害」と鑑定書-社会
小林被告の性格に犯罪傾向を伴う深刻な偏りがあり、精神医学的に「反社会性人格障害」「小児性愛」と診断される、と指摘。
なんだその体制側に都合のいい病名は(←サヨクっぽい物言い)、と思って調べてみるとなんだか定義があるらしい。
はてなダイアリー - 反社会性人格障害とは
要するに何度でも犯罪行為を繰り返して悪いとも思わず無責任で攻撃的、と。
こんなもんまで精神病の範疇なんだね。

んー、総体としてのにちゃんねるってこの病気じゃない?
(ちょっとずつの病気持ちが症状を出し合って一人分の人格障害)

治癒率は0%に近いと言われ、治療が困難な性格障害の一つである。
そうか。残念。
[PR]
by tockri | 2006-02-15 08:48

日本語!

さあみんなでやってみよう
ATOK presents 全国一斉!日本語テスト

c0041583_1495697.jpg

[PR]
by tockri | 2006-02-15 01:43 | └ 出来事、雑感

こういうクルマが


公道を走っちゃえるそうですよ。すげえなあ。欲しくはないが…3000万円。意外と安いのね。マクラーレンF1は大台乗ってたよね。
レスポンス|Response. 公道を走るF1マシン…フリーストリーム T1
[PR]
by tockri | 2006-02-14 12:23 | ├ モノ

朝日新聞のアレ

内田先生のエントリを起点にいろいろ見てみると、あれはやっぱりものすごい不評らしい。

そうだよね。やっぱり気持ち悪いよね。

妻が電車の中吊りで見て即座に「うわ、なにあれ気持ち悪い」と思ったらしく、その後僕もTVのCMを見て、さらにあの映像とのダブルパンチでとてもいやな気分になった。

前半の「残酷で、ナントカで、無力…」てとこは「オマエが言うな!」だし
後半の「信じてる」てとこは「目をさませバカモノ((c)小田嶋隆氏)」だし
「それでも」とかいう接続詞でつなぐな、とか思うし
なんでそこで戦争の映像なんだ、とか

そりゃあもう挙げればきりがない。よくもまああんな短い文章でいろいろとかきたててくれるもんだと感心する。ある意味すごい腕前。
[PR]
by tockri | 2006-02-14 10:57 | ├ かんがえごと

ハッピーバレンタイン

c0041583_0163563.jpg


すんごいデザインのチョコレートもらっちゃった。

ステキすぎる。
[PR]
by tockri | 2006-02-14 10:42 | ├ モノ
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧