<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

自分さがし

前の会社にいた頃、常日頃から「この会社が潰れたら2ヶ月ぐらいお遍路さんをやるんだ」と言っていた。

結局、潰れる前に他の会社に移っちゃったので(前のとこは今も潰れてないし)お遍路さん願望は満たされずにいる。いつかやろう。


センチメンタルな「自分さがし」のためになにか苦行をするというのは、僕は(僕を血も涙もないロジックオタクだと思っている人にとっては意外なことに)それほど否定的じゃない。

少なくとも家で閉じこもってるよりはなにかドラスティックな経験をしたほうがなにか起こるかもしれない、なにかわかったような気分になるかもしれない。

実際、工場で二勤制で働いた経験とか、手品師とか、自転車部とか、ちょっとだけ珍しい経験は僕の思考の方法に影響を与えている。

ちょうどビリヤードで素人が行き詰って「なんかどっか入れ」とばかりにオモクソ突くようなもんで、最悪でもスクラッチ程度で、まあ素人同士のビリヤードでそれ一発で負けるようなことはないんだし、やっとけばいいんじゃない?ということ。
[PR]
by tockri | 2006-01-11 10:42 | ├ かんがえごと

スキルアップとかいう言葉

キャリアアップ、スキルアップ、どうもそういうのが気持ち悪い。

「今の仕事を続けていてはスキルアップできない」
とかそういう文脈で語られる。

彼がイメージしているスキルとやらはどういうものなんだろう。なんのためにスキルとかいうものをアップさせたいんだろう。ファイナルファンタジーで新しい魔法が使えるようになるみたいな、今まで倒せなかった敵があっという間に倒せるとか、そういう劇的な変化を求めてるんだろか。

そんなスキル、ありませんて。


それともただITの資格とかそういう「他人から見て」○○ができる、みたいなことを求めてるんだろうか。でもどんな仕事してても資格は取れるよなあ。まさか日常の仕事を普通にこなしているだけで資格試験の勉強にもなってしかも資格を取ればご祝儀が出て一石三鳥ウマウマウマーみたいな妄想を繰り広げてるんだろうか。

夢がかなうといいですね。


どっちにしても「スキルアップ」→「楽しく仕事できてお給料高い」→「シアワセ」の図式って、そのスキルとかいうものを「その人にとって」正しく評価してくれて、「その人にとって」適正な給料を払ってくれて、「その人にとって」楽しい仕事を割り振ってくれる、そういう空想上の会社が前提になってるように見えてしまう。

あえて「スキルアップ」なんて名前をつけなくても、「仕事に必要なことができるようになる」のは仕事やってれば当然だし、それ以外のいったい何をアップさせたいと言ってるのかいまいちわからない。

僕の文章も何が言いたいのかわからない。新年からグダグダです。
[PR]
by tockri | 2006-01-10 12:12 | ├ かんがえごと
 
移転しました。
by tockri
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧