<   2005年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

選挙法こーしょ

福岡の選挙で第2位だった平田まさのりさんのBlogより。
※公職選挙法により、選挙期間中はホームページの更新が禁止されています。多くのご意見を頂きながら更新ができず申し訳ございませんでした。
あああそういえばそんなのあったねえ。

ポスターとかビラとかが制限される法律。

でもあれって、金がかかって金権政治に結びつくから制限するっていう話なのに、Blogの更新なんて金かからないものまで制限されちゃうんだね。

しかも電話は制限されてないし。


時代に合わせて公職選挙法を直すとしたら、まあ条文をどうするとかはあんなめんどくさい文章を読むのもいじるのも嫌だからパスして、要するに
  • 投票のお願いメールは従来どおり禁止
  • 選挙期間中もネット上のテキスト、画像を更新していい
  • ただし選挙管理委員会の指定するサーバー内に限る(←ここを制限しとかないと金をかけてSEO対策とかしかねないから)
  • トラックバック送信もspamメールみたいに使われるとうっとうしいから「指定するサーバー内」から逸脱してるってことでNG。
  • ついでに電話もうっとうしいから禁止しれ
こんなとこだろうか。

実際「投票お願いメール」とか解禁されたとして、そんなspamがうじゃうじゃ送られたとして、受け取った人、つまり、ネットに触れていて日常的にspamうぜーとか思ってる人がお願いされたから投票しようかなーなんて思うかっていう話もあるけれども。将来的にものすごく有効なspamの送り方が開発されるかもしんないし、まあ禁止しといて害はないと思う。



安倍晋三 自由民主党 衆議院議員のサイトも見つけた。ここもトラックバックやコメントは全くついてない。安倍幹事長本人の気配がしない…つまんないねえ。
[PR]
by tockri | 2005-04-28 10:05 | └ 政治経済

経験と机上の学問

経験によって得られる知識と、教科書とか机上の学問によって得られる知識がある。

両者は包含関係にはなく、排他関係でもない。ある程度重なって、ある程度重なってない。

経験から得られるのは
  • こうすると上手くいく
  • こうすると上手くいかない
  • こうしても上手くいくこともあればいかないこともある、つまり関係ない
という、If-Thenで表現される「法則」であるのに対し、机上の学問によって得られるのは
  • こうすると上手くいく確率が増えるはず
という「傾向」であるように思う。


経験のみに頼っていると、「上手くいったりいかなかったりする」ということの相関関係について学習しにくい。人間は忘れる生き物だから、わざわざ記録でもしない限り、自分の経験した数回の試行から統計をとることができない。

経験だけでこれまでやってこられた「ベテラン」が机上の学問をバカにするのは、つまり、自分の経験上、「関係ない」とカテゴライズして切り捨てたことに対して一生懸命何かを語ろうとしているように見えるからではないか。そういう人は学問からみれば非合理な行動をとっている可能性がある。

これが経験だけでその道を極めたような「名人」の域に達すると少し様子が変わる。試行の数自体がとんでもなく多いため、ある程度の統計を印象としてとれていることがあるのだ。そういう人は机上の学問にも一定の理解を見せる。また、学問の側から見ても合理的な行動をしていることが多い。

以上、僕の「経験から得られた法則」。
[PR]
by tockri | 2005-04-27 17:34 | ├ かんがえごと

やめとけーーっ!

THE 1 MILLION DOWNLOAD CHALLENGE - Opera Web Browser
OperaのCEO(エラい人)がOperaブラウザが4日で100万ダウンロード達成したらノルウェーからアメリカまで泳ぐと宣言したところ、ホントに達成しちゃったので(ええ、僕もダウンロードはしましたとも…使わないけど)

泳ぎ始めちゃった。

April 25, 2005 0900
"I take this challenge very seriously, but after three laps at Bislett Bad on Saturday I realized, as I was heaving like a whale, that I should probably have started the training a little bit earlier," says a slightly nervous Jon S. von Tetzchner.

賢いフリして英語引用してみた。ちょっと3lapほどプールで泳いでみたらめっちゃしんどかったから、もう少し早くからトレーニングしときゃよかったかもって。アホだこの人。

で、第2報。
April 25, 2005 – 16:00
"We are so proud of Jon for doing this," said Anne Stavnes, HR manager, Opera Software. "Considering that the closest thing Jon has ever come to swimming was in the hot springs in Iceland when he was a kid, and those aren't even 3 feet deep."

「私達、ジョンがこうするのをとても誇りに思っているのよ。」
「彼が最近泳いだのは、子供のころの深さ3フィートもないアイスランドの温泉よ」

社員までアホだ。

幸い、たった一人で泳ぐんじゃないらしい。
Opera's PR manager, Eskil Sivertsen, has taken it upon himself to row alongside Jon for the duration of the trip, partly out of guilt for having made his CEO's bold statement public.

広報マネージャーのEskil SivertsenはCEOの大胆な発言を広報しちまった責任を取って(ゴムボードを)漕いで同行することになった。

"Look at me! I'm floating! I'm floating!"


「見ろよ!浮いてるぜ!」

健闘を祈る。
[PR]
by tockri | 2005-04-26 12:14 | └ 出来事、雑感

選挙へ行こう!(終わったってば)

福岡2区の選挙は自民党と民主党候補の一騎打ちの結果、自民党山崎氏の返り咲きだったそうな。おお僕ってば政治に関心のあるネット上の若者!

おそらく山崎氏が結構長いことblogを公開しているから他の人たちも対抗したんだと思うけど、福岡の候補者さんたちは4人もがblogを公開していて、そういう観点でちょっと興味をもっていたのだった。

もちろん今現在の票数がネットの影響、なんてわけはないのだけど、ちょっとずつでもいいからその候補者がどんな人で、どういう政治をしてくれそうなのかが判るようになってくれば、代議制民主主義ってやつが日本の歴史上初めて正しく機能するかも知れない。

なんだかよくわかんない人がなんとなくとか組織票とかで選ばれて、結局所属党の単なる一票として使われて、それで国民の過半数が文句を言うような法案が可決されてるのに「選んだのは国民だ」とか開き直られても、選ぶ時点で「その人が公約をきちんと守りきれる人か」とかデータが少なすぎてわからないもの。

法律に対する反対が多すぎれば次の選挙で落ちるとかっていうけれど、次の選挙の時にはそんな法律には慣れちゃって忘れてるし。作られた法律と自分の選んだ候補者がひもづいてないから反省とかしないし。

僕が無責任すぎる?でも僕には僕の生活も興味もあるし、政治ばっかりに注目できないのは当然じゃないか。

たとえば、会社の上司に報告ミーティングして判断を仰ぐときなんてのは、その1時間なら1時間で背景から活動詳細から結果から効果まで、全部知らない人でも理解できるように手際よくまとめて説明するのが当たり前。だって上司は日ごろから僕の仕事ばっかりに注目してられないのだから。

選挙の候補者も同じことじゃないかな。選挙権を持つ人がちょっと興味を持って1,2日調べるだけでその候補者の理念や政策や行動内容がわかるようにしといてくれれば、書いてあるものからあとは自分で判断するよ。文章は人を表すと思うから。

「わかりやすさ」がある程度以上になって、「わかる人」が数人に1人というレベルに達すれば、「わからない人」は身近の(=もっとも信頼の置ける)「わかる人」に教わることができる。そうなれば素晴らしい、かどうかはさておき、納得感のある代議制民主主義の世界が待っている。


あと、どの候補者さんもblogのコメントもトラックバックも全無視ってえのはやるせない。コメントやトラックバック返してくれるようならこっちも面白いから書くのになあ。

(おまけ)
福岡の選挙の候補者blogの斜め読み感想
山崎 拓 Blog:さすがに長いこと書かれていて、いろいろ活動してるのも伝わってくる。エントリも長文が多い。政策についても、他に比べて具体的に書いてある。でもそれが実現可能かどうかはわかんない。憲法9条の話とかは強い主張。コメントにもいくつか投稿が。でも無視。
平田まさのり Blog:車椅子であちこち動き回る写真が目を引く。「こうすべき」という理念みたいなものはおぼろげに読み取れるけど「どうやって」というのは皆無。「立て直して」とか「改革します」とか「整備します」とかは手段じゃないよね。
山田ひろとし【活動日記】:その名のとおり、「日記」。わかりやすいけど…わかるだけ。
西村 健志郎について:空疎。
[PR]
by tockri | 2005-04-25 13:52 | └ 政治経済

道具の使い方

前にも何度か気に食わないと発言したけど
「HTMLは文書の構造を表すもので云々」
とか、道具の使い方に関する「そもそも論」を時折見かける。

最近はブログやトラックバックなんかのシステムにも
「そもそもブログとはニュースに対する個人の見解を・・・ギャース」
とか
「トラックバックとは投稿などではなくリンク通知であって・・・ガオー」
とか元気なヒトビトが目に入る。

そりゃあ確かに道具立てを作った人はそう考えて作ったかもしれない。でもそれと違う使い方をしたからって文句をいう筋合いじゃないと思う。

週刊!木村剛とか、枡野浩一のかんたん短歌blogみたいなトラックバック・システムの使い方もあっていい。

徳利に花を活けて、それを一輪挿しだと言い張ったっていいじゃないか。
[PR]
by tockri | 2005-04-22 16:21 | ├ コンピュータ

ブックマークは僕とインターネットの間の壁に開けた窓。

もちろん専門のコンピュ方面にはいっぱい窓が開いてる。

経済というか法務?方面へ向いた窓はふぉーりん・あとにーの憂鬱様を始めとして最近いくつかいい感じにできてきた。

政治方面へは、ele-logをとっかかりに・・・と思ったが、47thさんが紹介されていた、元衆議院議員の笹山登生氏のブログを読んで、そちらの方が断然納得感が高いため、メイン窓の座に。

それにしてもこの人、自分でWordPressインストールしたらしい。スキモノだ。(誉めてます)
Sasayama’s Weblog 細々ながら、遅ればせながら、トホホの末、ウェブログを開始しました。
[PR]
by tockri | 2005-04-22 13:25 | ├ かんがえごと

天才プログラマー

ついこの間までは部屋にいてテレビをつけることが全くなかったのだけど、最近は彼女に影響されて、草ナギ剛が天才プログラマーの役をやってるドラマを見ている。

別に、「そんなわけねえだろ」とかリアリティにツッコミ入れる大人気ない話をするんではなくて。

「天才プログラマーっていう人種はいるのかなあ」と聞かれて「いる」と即答した僕。でもそんな人に実際会ったことはない。かんがえてると本当にそんな人いるんだろうかと不安になってきた。

そしたら梅田さんのエントリで、すごいコードが紹介されていた。

C++はあんまり得意でないので正直、どこがすごいって説明できるほどちゃんと読めてないのだけど、すごい。これ半年ぐらいで書けちゃうのかあ。よかったいたよ天才。

こういう小さなものをズバッと書き上げちゃうタイプの、いわゆる昔からのハッカーと、Webとかの大きなものを、いろんな人を上手い事操って作り上げるタイプの最近のサラリープログラマーとは違う素養も必要だったり共通する腕力も必要だったり。

でもやっぱりあのオークションサイトをなぜかコンソールで二日で作るのは無理だと思うの。(あっ言っちゃった)
[PR]
by tockri | 2005-04-22 12:00 | ├ コンピュータ

小せえ小せえ

何年か前、中国人の友人が
「大阪を観光したいのですが、ほかにはどんな場所へ行ったらいいですか」
というから、
「そんじゃ、ちょっと足を伸ばして京都あたり行ったら?」
と言ってみたら
「大阪と京都は同じです。北京は京都から神戸あたりまですっぽり入る広さです」
なんて言ってた。なるほど。広さの感覚が違う。

中国だと隣の都市まで何百kmってあったりするから、大阪→京都は確かに近すぎるだろう。

ロサンゼルス上空を飛行機で飛んでいて、街にさしかかってから30分飛んでもまだ空港に着かなくて笑ったことを思い出した。



ふと、gooラボのぐりぐり地図で東京を見てみた。

タテヨコ20km四方の正方形に、山手線周辺の、いわゆる「街」の部分がすっぽり収まってしまった。

東京の感覚だと
「新宿から有楽町は遠い」
「板橋は地の果て」
「浅草から恵比寿とかって別世界」
なんて感じてしまうけれど、実はたったの半径10kmの中で近いだの遠いだの、あげくはどっちの土地がエライだのオシャレだのと競い合ってるわけだ。

広くて道の整備された地方都市だと、10kmぐらいは車で10分ちょい、ちょっと買い物にいくぐらいの感覚だったりするのにね。



そしてこんな土地に何百万人って人が群れているんだからそりゃー狭苦しいに決まってる。

たまに東京行くと、居酒屋で隣の席との間隔が50cmしかないとか、カフェで後ろの人の荷物に背中がぶつかるとか、店の狭さに不快感を覚えることが多い。ちょっとお高いお店に入って1食2000~3000円出してようやく「標準的な」広さの席に座れる。食事に金を出してるんだか面積に金を出してるんだかわからない。

「オシャレなオープンテラスでくつろいでるアタシ」とか思ってたってあんな狭くて暑苦しくて空気の悪いとこでちゃんとくつろげてるんだろうかと心配になってしまう。かわいそうに。




半径10kmからほとんど外に出ないで生活して、そこしか知らないくせに「東京サイコー!」なんて思っちゃってるたっくさんの人たち、たまにはちょっと常磐道で40分ほど走って、オシャレで広くて空気と景色が良くて料理が安くておいしい店がいくつもあるつくば市とかを見てくるといいよ。(水はまずいけど)
[PR]
by tockri | 2005-04-21 14:42 | ├ かんがえごと

でっかいM&A~Adobe + Macromedia

アドビ、マクロメディアを買収--新分野への進出加速か - CNET Japan
オドロキのニュース!

長年のライバル同士の大手2社が合併だって。また10年後のコンピューターの世界が楽しみになる出来事だ。

思いっきり役目がかぶっちゃってるソフトウェア群は、統合されていくんだろう。
FreeHandは、まあ、お役ごめんかな。
FirewoksとDreamWeaverは残してほしいなあ。

ネットの未来、なんてなことを考えると、やっぱりPDFとFlashのあたりだろうか。10年後の、たとえばチケット買ったりとかっていう入力系アプリケーションの画面はFlashとPDF Formの技術が統合されてもっと進んでて、アニメーションが効果的に使われてわかりやすくて、すごく入力しやすくて、「送信」ボタンを押した先の集計側にとってはデータベースから直接PDFの技術でキチッと印刷できるとか。

紙は「読む」という目的に対しては今のところ最強のモバイルメディアなので、印刷がきれいに正しくできるってのは大事大事。すごく。
[PR]
by tockri | 2005-04-19 13:23 | └ 政治経済

反日デモのこと

あいかわらずメディアは「どうしてこんなにも日本が中国の人達に憎まれているのか」を教えてくれない。

「憎まれる要因」になりそうな断片はいくつか教えてくれるけれど、それら断片をどんなふうに統合して、どうたきつければあれほどのうねりになるのかについて分析してくれはしない。

自分で…とも思うけれど、こと歴史の認識とかって話になると一次ソースが極端に少ないうえ、全ての一次ソースが主観と記憶(記憶が容易に修正されることは心理学で実証済み)にしか基づかないものなので、とても追いきれない。

政治家のみなさんはそういうとこもキッチリ押さえてくれてるんだろうか。すくなくとも全く素人の一般人よりは情報を得やすい立場にはありそうなもんだけど。

たじま 要(民主党千葉一区)さんは中国との付き合い方(日記4月15日)のエントリで、もういっそのこと、とばかりにスパッとあきらめていらっしゃる。
仮に今後どれだけ日本が謝罪しようとも、中国が日本を許す時は来ないだろう。そもそも許す気がないのだから。また、領土の問題が決着できる日も来ないだろう。それぞれの国がそれぞれの主張をずっと続けることになるだけである。そのように達観しておくのが一番のようだ。そして、それを踏まえて付き合っていく戦略を立てよう。

こういう考え方もアリなのかもしれない。

ただ、これだけだとあまりにも簡単すぎて、近所のおっちゃんが居酒屋でビール飲みながら喋ってるのと変わらないので、なんでそもそも許す気がないと判定するに至ったのかの背景を知りたい。

(追記)ちょっと「反日 分析」ぐらいでグーグルして、いくつか見つけたのでリンク。「反日愛国で盛り上がっちゃってる一部の中国人落ち着けよ」ていう中国人からの意見がいくつか、日本語訳されている。
絵文禄ことのは 2004/10/21内 引用文
同 2004/10/22内 引用文
レジャー・サービス産業労働情報開発センター SQUARE記事「反日噴出」の中で、盛会に冷静に日本文学研究大会

「うぉぉぉ日本死ねーーーっ」て盛り上がっちゃってる人たちもいれば「日本は謝罪してなくてダメだけど日本バッシングしてもしゃーねえべ」て冷静な人たちもいるみたい。全体的にはどういう意見が大勢なのか、なんてことを測ろうとするだけ無駄で無益なので、うんうんいろいろいるんだね、でとりあえず納得しておく。

「よく見ると日本って十分謝罪とか賠償とかしてるんじゃないの?」とか思ってる中国人っているのかなあ。
[PR]
by tockri | 2005-04-18 13:13 | └ 政治経済
 
移転しました。
by tockri
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧