カテゴリ:├ 旅日記( 25 )

FUJI ROCK FESTIVAL

行ってきましたフジロック
いっぺん行ってみたかったんだよね

c0041583_2262627.jpg

どのステージも人、人、人。雨が降っちゃって歩いて移動するのもたいへんだった。けどすげえ楽しい。

見たのはcopa salvo、100s、サンボマスター(ちょっとだけ)、東京スカパラダイスオーケストラ、PEAL OUT、クラムボン。

クラムボンをライブで見るのは2回目だけど、明らかにライブハウスのときとテンションが違っててなんだかもう飛びすぎてた。

クラムボンの公式
CD →(x3)→ ライブハウス →(x2)→ フジロック

これは酒と空と音楽で人をおかしくして「ヤケクソな観客」を作り出すことによってアーティストも活性化させる装置なのだなあと思った。


写真はスカパラの催眠音波によってジャンプを繰り返す数千人の罪のない民衆。写真では手前の人々はまだ棒立ちだが、その後ジャンプを始めた。その写真がないのはなぜかというと僕も飛んでて撮影不可能だったから。
[PR]
by tockri | 2005-07-31 22:16 | ├ 旅日記

月居温泉

茨城県大子町「月居温泉」。ああカメラ忘れた。


増水して「いつもより激しく落ちております」の袋田の滝で四度に分けて落ちる大瀑布を間近から何度も首を上下に振りつつ眺め、水しぶきで結構濡れたあと、近くの温泉へ。

この温泉はアルカリ性単純泉と書いてあって、ああつまりそのへんの「村おこし(ムリヤリ)温泉ね」と思わせるけど、ちょっと意外なほどいいお湯。透明でヌルヌルスベスベ。源泉の温度が45度ということで、かけ流しでちょうどいい感じ。露天風呂も小ぢんまりとしてお湯がぬるくて僕好み。ぬるいなあと思って長いこと入っていると、上がった後ものすごく体が温まっていることに気づく。

山の上にゴルフ場を造成しようとしたところ温泉が湧いちゃったため、ゴルフ場が地域に源泉の一部を提供したのが始まりらしい。地元の大工や左官屋が手作りでログハウスを建て、住民の手で運営されているそうな。

「地域民直営温泉」の看板になんだかクスリと笑ってしまう。建物の中の貼り紙とか看板とかの毛筆を書いたの、地元の書道の先生かなんかだよきっと。

すごく頑張って掃除とかされてて、気配りが行き届いていて気持ちいい。
[PR]
by tockri | 2005-07-11 09:41 | ├ 旅日記

勝沼

ゴールデンウィーク初日、勝沼へ。

中央道で首都脱出しようとすると大渋滞。しかたがないので高速を降りて国道を走ると全然混んでなくて、相模湖畔を気持ちよくオープンドライブ。なぁんだみんな好きで渋滞つっこんでるのかぁ。

勝沼についたらまずは勝沼町営ぶどうの丘へ。
c0041583_177507.jpg

ちゃんとタクシーで行ってるから試飲も楽しめる。ここにあるワイン全部試飲していいってさー。

というか、まずはもなにもここしか行ってないわけで、なんてのんびりダラダラ楽しい旅。

泊まったのは国宝のお寺、大善寺宿坊
c0041583_1711436.jpg

洋室が。洋室ができてるいつの間にか。なんだか旅館みたいだよ!

今年も大善寺の住職が作ってるワインはとても美味しく、部屋に帰ってから二人で一瓶空けちゃって次の日が少し不安になったりならなかったり。

次の日は早起きして、ダラダラと走っていく。決して遠くまで足を伸ばしたりせず、ムリをせず。

行ったところはほったらかし温泉。ここスゴい。マジで。山のてっぺんにあって、壁も天井も(庇すらも)ない露天風呂。とにかく広い。コッチから向こうまで30mはあるかってほど広い浴室だったけど、浴室内撮影禁止ということなので、外からの写真。
c0041583_17151872.jpg

お湯からあがって素っ裸で寝そべって日光浴したりして気づいたらあら1時間。


ワイナリーにも行ってみたいねってことで、ぶどうの丘での試飲で一番気に入った白百合醸造へ。係員のお兄さんは商売する気がないのかあるのか。とにかくワインを愛しているということはすごく伝わった。

「今年はですね、イケダワイナリーの『セレクト』がほんとおすすめなんですよ、美味しいです!」
ってよその宣伝を強力にしてどーする。

で、イケダワイナリーにも行ってみて
c0041583_19242841.jpg

って、商売っけまるでナシ。ただの倉庫。

おそるおそる扉を押してみると中からご主人が出てきて、自宅でワインを試飲させてくれた。ちょっと怖かったのは秘密。


そんな調子で増えるおみやげ…
c0041583_17202160.jpg

[PR]
by tockri | 2005-05-01 17:21 | ├ 旅日記

箱根、熱海

土日を利用して箱根~熱海へ。

箱根湯本には無料の駐車場があって大変よろしい観光地だと思った。

c0041583_23545699.jpg


ってなわけで”鉄”のカタガタに大人気の登山鉄道で急勾配を登っていく。この日も”鉄”のみなさんがでっかいカメラを首から提げて運転席の機械を見て「うんうん」とうなづいていた。良い天気だったのでよい作品がとれたことでしょう。

強羅からバスに乗って星の王子様ミュージアムへ。

c0041583_23574296.jpg

メルヘンチックな感じを前面に出さない、大人が楽しめる雰囲気。ゆっくりゆっくり歩く。「星の王子様」を読んだことがないので読みたくなった。

熱海の小さな旅館「やどかり」は料理がウリということで
http://www.yadokari.org/
おなかをすかせていった。まあ伊豆の海沿いということで、魚の鮮度がよいのはもう当然って感じなんだけど、刺身よりも料理のほうがさらに美味しいという大変シアワセな夕食だった。薄味で僕好み。

朝起きると、なんか朝から鰺のタタキとかだし。普通の「旅館の朝食」とは全然違ってシアワセな朝食。

網代漁港ふきんで自宅用の、とても脂ののった干物(いやほんとに)を仕入れて
c0041583_09790.jpg

平塚~鎌倉~横浜~と回って帰宅。

二日間、美味しくないものを一度たりとも口にしなかった。上出来。
[PR]
by tockri | 2005-04-15 00:10 | ├ 旅日記

筑波山梅まつり

c0041583_23102682.jpg

筑波山の梅林はホントにいいスポットなのだ。水戸偕楽園いくよりこっちのがよっぽど梅を楽しめる。そしてあんまりメジャーじゃないおかげで人が少ないのもいいところ。
c0041583_2312431.jpg

まだ咲き始めで、梅の木としてはこのぐらいが見頃とも言えるけど、全部の樹がぶわーっと咲き誇る圧倒的な感じもまたいい。
[PR]
by tockri | 2005-02-27 23:13 | ├ 旅日記
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧