カテゴリ:├ コンピュータ( 45 )

設計をすることの意味

ごめん、めっちゃわかんない話をします。

Q. ソフトウェアの設計って何のためにするのか?
A. 複数人で開発方法を共有するため。
Q. よい設計とはどんなものか?
A. 作るのが楽で、変更するのが楽で、誰が見ても把握しやすい設計。
Q. フレームワークは何のためにあるのか?
A. 楽に作るため。各部の担当者が全体を細かく知らなくても作れるため。
Q. フレームワークを利用して、きちんと設計もしたのに楽にならないしどこがどういう風に動くか把握できないのはなぜか?
A. その設計がまちがってるから。

ソフトウェアの開発にフレームワークを利用することが多い。
でもそのフレームワークを何のために利用するのか聞くと答えられない人が多いのかもしれない。

「このやり方に従ってやれば作れるらしいので。」
レシピがないと作れない初心者は設計とかしないほうが良いと思う。

「DB接続が便利なので」
接続クラス作るだけなら僕が30分で作ってあげるよ。


フレームワークの基本的な考え方は、
同じようなことを毎回毎回書くの面倒でしょうから肩代わりしてあげますよ。ついでにちょっと便利にしてあげます。
ってことだ。

それなのにフレームワークを利用するためのお約束コードを毎回毎回繰り返して書かなきゃいけないとしたら、それは何かが間違ってると気づかなきゃいけない。

できあがったプログラム全体のなかで、コピー&ペーストで作られた部分ができるだけ少なくなるようなのがイカス設計ってえものだよ。
[PR]
by tockri | 2006-04-18 13:55 | ├ コンピュータ

mixi portal キラー

mixiの3列目を消す試みがあちこちにあるけど早速対策されたりしていたちごっこになってたり。

僕もgreasemonkeyスクリプト作ってみたよ。width=224とかを使ってないぶんちょっと長持ちかなと。

mixiportalkiller.user.js
[PR]
by tockri | 2006-02-10 01:53 | ├ コンピュータ

EXCELで最後のセルへの参照を取得する

VB言語にイラツキながらかなり激しい動きをしつつメンテナンス性の高い(マクロ書けない人でも設定とか変更できる)EXCELマクロを作っている。

EXCELのシートで ctrl+End をキータイプしたときのあの動作、シート中で最も南東にある、値の入ったセルへの参照をとる方法がわかんなくてちょっと長い時間ハマった。

Googleで調べたらFindとかやって検索してる人とか、1列目の最終行だけはわかる人とかいろいろいてなんかウソっぽくって。

で、これが正解。


ActiveSheet.UsedRange.SpecialCells(xlCellTypeLastCell)


あーもうバッドノウハウなんだから。
[PR]
by tockri | 2006-02-09 19:43 | ├ コンピュータ

IEを自動運転しましょう

IEUnitっていうのを作って公開した。

Internet Explorerを簡単なスクリプトで自動実行できたらテストとかすごい楽になるからって。

そしたら全く同じことをするツールが全く同じ名前ですでに存在していた。最悪。

こっちのほうが多少使いやすいと思うんだけど。あんまり差がない。がっかり。

無理矢理名前をROBO-IEに変えた。URLが変だよう。
[PR]
by tockri | 2006-01-25 08:59 | ├ コンピュータ

はい先生、言いません。

高木先生が「サニタイズ言うなキャンペーン」をやっていらっしゃるので参加します。

要約版:「サニタイズ言うなキャンペーン」とは
高木浩光@自宅の日記 - 続・「サニタイズ言うなキャンペーン」とは

サニタイズっていう言葉を使わないようにしましょう。

もともと何を指してる言葉かちゃんと知らなかったから使ってないけど。どうやら高木先生の言うには
  • 1. 万が一の保険のためにCGIの入力パラメタから危険な文字を削除する
  • 2. すでに動いているシステムに応急手当としてそういう処理を加える
要するにあんまり本来的でないのがサニタイズで、
  • 3. HTML出力のときに>とかを>とかの実体参照に置換する
  • 4. SQLインジェクション対策でメタ文字をエスケープする
  • 5. パスを入力させるときにパスに使えない文字をはじく
とかっていう、まあいつもやってるアレはサニタイズとは言わないらしい。へぇ~。

で、人によっては3+4の意味とか、1+2+5とか、いろいろに認識している(高木先生によれば「誤解」)のでよろしくないと。

あと長々と理由などがあるけど、なんか書籍とかの問題点を指摘するのはその文章内でないほうがよいのではとか思いつつ、まあ僕にはあてはまらないし関係ないので読み飛ばしました。

どの意味が正しくてどれが間違ってるとかってよりは、高木先生をはじめ、みんながそれぞれ別の意味だと思ってるような言葉は使わないですむなら使わないのがいいですね。というわけで

サニタイズっていう言葉を例外なく使わないようにしましょう。

でもメールに返信することを「レス」っていうのが定着しちゃったのと同様に、有識者の皆さんが声高に叫んでいても上記1~5までを含む意味で「サニタイズ」が定着しちゃうんじゃないかっていう予感もする。でもいいよ意味が統一されるならそれでも。
[PR]
by tockri | 2006-01-18 10:58 | ├ コンピュータ

いいからATOK使えって

職場のMS-IMEにいらいらしながら毎日を過ごしている。

このイケてない日本語入力環境のおかげで、ネット上の日本人の何割が言論力を抑制されているんだろう。漢字変換を直したり文節区切りを直したりする作業がどれだけクリエイティビティを損なうか、誰でも直感的に理解しているはずなのに、「だいたいこんなもんだ」と諦めて単語一つごとに「変換」を押して、文字入力よりもスペースキー押してる時間のほうが長いみたいな人の多いこと。

ATOKはいいよ。ひとまとまりの長い文章ごとに変換してればほとんど間違えることがない。単語細切れの入力でも、結構いい変換をしてくれる。「看護師」が一発で出ないなんていう言葉知らずとも無縁。片手落ちとか盲(めくら)とか、そういうのが変換できないのは、まあ、お上とのお約束ということで。
[PR]
by tockri | 2006-01-17 19:35 | ├ コンピュータ

そうそう、その調子

デル、2,560x1,600ドットの30型ワイド液晶
22万8000円でWQXGAのディスプレイがそこそこの値段で手に入るようになってきたようだ。

デルのモニターは色がむちゃくちゃとかまあ文句を言う人は大変多いのだけども、高解像度と低価格をいい勢いでやってくれてるのはほんとに偉いと思う。

この調子で、現在の72dpiとか96dpiとかっていうドットの細かさを、300dpiとかに持っていって欲しい。もっとも高精細化のリーダーはSHARPとかなんだろうけど、それを普通の人が買える値段になんとか。

解像度の上がった世界を、はやく見たい。
[PR]
by tockri | 2006-01-11 14:47 | ├ コンピュータ

ガラスの仮面とソフトウェア

ガラスの仮面を彼女に借りて読んでいる。面白い。どんどん進んでいまマヤと亜弓が二人の王女を演り終わったとこ。一舞台に一冊使っちゃうし。

亜弓やマヤは、舞台の稽古にとりかかるとかならず「アルディスの育った環境は」「佐藤ひろみの趣味は?いつも行くお店は?クセは?」と、役の背景や環境、細かい状況まで想像してなりきろうとする。

この態度は、すべてのシステム開発者がみならうべきものだと思う。

世の中のイケてないシステム屋(が、ほとんどなんじゃないかと僕の視界からは思えてしまう)は、そのソフトウェアを誰が、なんのために使うのかをマヤのように掘り下げて考えることをしない。

自分の作ってるシステムを使うことになる人は今、どういう仕事をしていて、このシステムに関係ない仕事をどんな風にしていてどんな風にいらついていて、いつの時間帯は忙しく、慣れない入力に割ける時間はどこにどの程度あるのか。

ペルソナ法」なんて、一応名前がついてはいるけど、「理解できる」「できない」という視点だけだと、『理解できるけど入力項目が多すぎるしあちこちに分散しててやりたくない』なんていう、結局使用者を幸せにしないシステムができたりして。

仮面(ペルソナ)をかぶるってのは、亜弓やマヤのようにもっと徹底しなきゃいけない。人を幸せにするのはもっともっと難しいことのはずだ。想像力がすべての土台になる。

出直して来い!
[PR]
by tockri | 2005-11-24 12:34 | ├ コンピュータ

ついていく地図

Yahooもドラッグで動かせる地図。
ていうかGoogle Mapもだけど、ドラッグできることもさりながら
ウィンドウの大きさに合わせて表示領域が変わるのがうれしい。
やっぱ地図って大きく見たいんだよね。

で、このYahooのやつ。まだなんだかちゃんと動かせてないらしいけど
アルプス社の地図を使ってて地下鉄とか文字がすごくはっきり載ってる
のがステキ。Googleのは地下鉄がわかんにくくてねえ。

こっちを使うよ。
[PR]
by tockri | 2005-11-16 11:21 | ├ コンピュータ

IT魔法使い

エンタープライズニュースの読み方:IT部門死亡説より。
、ITがあまりに経営にとって重要な要素となってしまったために、技術者に任せておくわけにはいかなくなった。故に、テクノロジーをIT部門という聖域ではなく、よりビジネスに近いところへと引き付けておく必要性が高まったと。
ソフトウェアベンダーからユーザー企業に転職してみると、最初から想像していたこととはいえ、やっぱり経営陣や「ビジネスに近いところ」のITリテラシの差を感じることが多い。

実際に価値を生み出す人たちが「コンピュータってこういうことが出来るんだよ」と明確に想像できないとき、ITベンダーの経営者あたりが「こんな風に御社のビジネスを改革して、効率化できるんですよ、ウチもやってますから実証済みです是非!」なんていくら言ってもそんなの魔法使いの呪文にしか聞こえない。

ここ数年のビジネスの世界はえらい勢いで「IT化」が進み、ちょっとパワーポイントの資料を編集しようかな、なんていいながらチェックアウトしてバージョン履歴書き込んで、とか、ユーザーのクレーム電話を入力すればサーバーで全自動で分析して開発者はユーザーの傾向を見ながら次の製品を、とか・・・

まあ、そういうのについていける人にはとってもステキで効率的な経営ができるかもしれない、と思わせる機能が揃ってきた。

でも経営陣はもちろん、IT部門ですらそういうIT経営、IT業務についていけない会社が、たぶん多い。

ただ、今のところまだ、怒涛の人力とか価値を生み出すセンスとか、そういう人間の能力の総和をITが超えきってなくって、目に見える経営の差にはなっていない。
  1. ITがほんとの意味で誰にでも理解できて使える、簡単なものになって、今遅れてるとこも楽に追いつける
  2. ITが人力を圧倒的に追い抜くと同時に、今よりもっと難しく複雑になって、今遅れてるとこは追いつけないほど取り残される

未来はどっちにあるのかな。
[PR]
by tockri | 2005-11-02 12:56 | ├ コンピュータ
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧