2006年 08月 16日 ( 2 )

見苦しい論理

アクセスの多い/公共性の高い/地位のある人が書いてる、ブログとかコラムとかで、気にくわない意見を見つけた人が難癖つけるときに使う論理

「公の器でそのような狭量な意見を書くべきではない、あなたはそう思うかもしれないが、そう思わない人もいるのだ」

実にくだらない。

そこにあるのは、「おれは公じゃないから狭量で許されるが、おまえは許されない」という勝手な勘違いだ。

単に「俺はあんたの意見に賛同できない」となぜ書かないのか。

「狭量な意見」は得てしてとんがってて面白いかわりに、反対の意見を持つ人も当然多くなる。書く方はそんなこと承知の上でエンターティメントを提供してくれてるというのに、眉をひそめてさも常識人のふりをして、大人の楽しみを台無しにする連中がとても嫌いだ。
[PR]
by tockri | 2006-08-16 09:51 | ├ かんがえごと

半ズボン

イザ!:【コラム・断】いい大人が半ズボンとは
近頃は、いい齢(とし)をした社会人が休日の外出に半ズボンを着用する。電車の中、映画館、ホテル、コンサート会場と、どこへ行くにも半ズボンだ。
うっ。ドキッ。

僕仕事行くのも半ズボンだ。しかも裸足に雪駄履き。しかもTシャツとアロハ。チャリ通勤だから電車内にはいないけど。
腹が出ている中年男がウエストがゴムの半ズボンをはくと実にみっともない。また、スネ毛を出すのは傍目に暑苦しく見苦しい。
腹はまだ出てない。ウエストがゴムでもない。いちおうベルトしててパンツはでてない。でもスネ毛はでてる。ごめんなさい。

さすがに社外の人と会うときはスーツか、カジュアルでいい人のときでもスリムジーンズとちょっと上品系のシャツにする、ということは自分でも半ズボンはやっぱりくずれすぎでしょ、と思ってるってコトなんだよね。

明日から長ズボン履こうかな…ジーンズで雪駄。だ、だめかな。

(以下、今日の本題 :-P)そしてこの記事において見るべきはトラックバック一覧

すごい。みんな半ズボン大好きだ。「オレ正しいオマエ間違ってるオマエ悪!」のてんこ盛り状態。なんでこんなに居丈高に無邪気に他人をこき下ろせるんだ。


僕がこのコラムを読んでまず考えたのは、たとえばネットじゃなくて、講演会かなんかで、どっかの講堂でいすを並べて聞いてて、壇上の何某氏が「半ズボンは幼児性の表れだ」と自信満々で宣言する(正直そんなつまんない講演は聴きたくないけど)、聴衆が半ズボンの僕のほうをチラチラ見てクスクス笑う、そういう状況で、僕はなにかやり返せるだろうか、ということ。

もちろん「公の場でそのような云々」なんてのは全く意味を持たない。それこそ「ね、みなさん、あの半ズボンの人幼稚でしょ?」と言われて会場が笑ったらアウトだ。

「そんなの個人の自由じゃないか。あなたは不快か知らんが僕は不快じゃない」というのもどうも弱い。「私は私が気にくわないことを申し上げたのだ。」と言われて二の矢を継げない。

なんとか世の中に適合できてない老人の繰り言を笑う図式に持って行ければいいのだけど。あとはさりげなく関係ない話題で「半ズボンなのにめっちゃ仕事できそう」な感じをあたえるような質問をするとか。

bunさんあたりだと当意即妙かつ意地悪な笑いをつくりだせるのかも(釣り)
[PR]
by tockri | 2006-08-16 09:07 | ├ かんがえごと
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧