2006年 01月 27日 ( 1 )

情報クリーン作戦

[economy]自分で判断することの非合理@bewaad Institute@Kasumigaseki

bewaadさんにとりあげられたとたんにアクセスが開設以来はじめての一日100人越えを記録しておお、とびっくり。普段一日10人とかだからねえ。

さて
これって実はソーシャルキャピタルのことではないの、とwebmasterは思いました。ソーシャルキャピタルとは乱暴に言えば社会的な人的つながりのことで、それが充実していれば全体としての生産性が上がります。
新しい言葉を覚えました。ソーシャルキャピタル。それってなんだろう、と思って検索してみるといろいろひっかかる。

大阪大学山内先生のインタビュー(pdf)
なぜ今ソーシャル・キャピタルなのか -前編-:コラム「研究員のココロ」
なぜ今ソーシャル・キャピタルなのか-後編-:コラム「研究員のココロ」

なるほど。信頼のネットワーク(とか書くとどっかのCMみたいだ)。そういうものって、今までの日本には、欧米やアジア諸国に比べてたくさんあったんじゃないかと思うのだけど、どうやらだんだん崩壊しつつあるみたいで残念でならない。ほんとに。今まではスムーズに適用できた政策もこれからは適用しづらくなっていくってことだ。みんなが自分ひとりの効率を追い求めることによって社会はどんどん非効率になっていく。アーメン。


さて、また「知ってる」「知らない」の話に戻って、トラックバックをいただいた
公開してはいるけれど-秋山薬局(仮)
に関連してもう少しだけ考えたことを。

「面白い」「面白くない」の軸で価値を判断する情報については、この記事ではいったん考えの外に置くことにして、「役に立つ」「役に立たない」の軸で判断する情報について。たとえば今日の八百屋さんの特売情報とか、国民健康保険の掛け金とか、法律とか。

ひとつの情報を入手するのにかかる時間はインターネットとGoogle様のおかげでものすごく短くなって、ってことは人が1時間当たりに入手可能な情報量っていうのはかなり増えたことになる。

それなのに、法律みたいに難しかったり、テレビや新聞みたいに嘘(*)が書いてあったり(坊主にくけりゃ袈裟まで・・・@ふぉーりん・あとにーの憂鬱)、あちこちのブログみたいに文字が細かくて読みにくかったりする情報がたくさんあって、「コレが知りたい」と思ってからちゃんと把握できるまでに結構時間がかかってしまう。

(*) 「ライブドアが○○という行為をしてました」という部分は嘘じゃなくても、それを使った「あいつらは悪者!」ていう誘導が嘘、という意味で。


もうこれって、罪なんじゃないだろうか。

受け取るまでにあまりに時間がかかってしまう情報。情報入手を妨げる情報。そういうのって、それだけ社会全体が支払うコストを増やしてしまう「悪いこと」だと思わなきゃいけないんじゃないか。

駐車違反が交通渋滞を引き起こしたり、家の前の雪かきをしないと通行人みんなが迷惑するのと同じ。

「わかりにくいのは良くない。」
「間違ってたりあやふやな情報を流すのは良くない。」


その考え方にたって、情報の提供(公開)側はまず、わかりやすくて受け取りやすいことに配慮する。それにはコストがかかる。でもそれをしないことによって社会が支払うコストに比べればずっと少ない。
そして情報の受け取り側は、その受け取りやすさの価値を認めて、細かい例外規定が全部書いてないからって重箱ツッコミとか長文クレームメールとかをしない。
情報を生産する側も、たとえばルールなんかは出来るだけシンプルにする。ルールがシンプルであることの価値は、昔に比べてはるかに大きくなっている。ルールがシンプルなおかげで細かく生じる個別の不利益は、ルールが複雑になることで生じる全体の不利益と比較して、我慢するとこは我慢する。


みんながちょっとずつコストを払って情報の流通量じたいを減らしたり、障壁を取り除いたり、整理された状態にしたりできたらいいなと思う。

法律で罰してもらわなきゃできない、なんてアホの子じゃないんだからさあ。


そんな夢物語を、って思う?でもみんな身の回りの掃除ぐらいはするでしょう。身の回りの情報を、気持ちが悪いからクリーンにしようっていうだけなんだよ。

こういうことが成り立つ社会ってのが、ソーシャルキャピタルが形成された社会ってことなんだろう。
[PR]
by tockri | 2006-01-27 14:27 | ├ かんがえごと
 
移転しました。
by tockri
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧