2005年 08月 07日 ( 1 )

陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕 読了

休みの日に一気に読み終わり。前半部は話自体が遅々として進まなかったけど京極堂が登場してからは一気に大団円に向かって転がっていった。
ああ、よかったよかった。

この本は関口の鬱っぷりがネチネチと描写されていて、万が一こういうのに共鳴してしまうようなナルシーな人は読まない方が周りの人のためだと思った。
[PR]
by tockri | 2005-08-07 18:41 | └ 読書
 
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧