2005年 05月 10日 ( 2 )

見てみたい討論番組

自民党改憲案に異議! 憲法は誰を縛り誰を守るのか - nikkeibp.jp - 立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」
番組終了後控え室で、スタッフともども、ビールを飲みながらこういう硬い問題を話し合うのに、テレビがどれほどメディアとして不適当か(時間が足りなすぎるから、論点を煮つめきれない)を話し合って、

たしかに生番組だとそういうことが起こりそうだ。それに放送時間のすべての瞬間において簡潔に、切れ味鋭く、論理的かつ客観的に言葉を発し続ける、なんてのは、いかにプロのジャーナリストといえども難しいことだろう。

でも、
今度は、TBSのBS放送の枠で、真夜中に5時間くらい討論してはどうかなどと提案した。
ごめんなさい、その番組、見たくないです。しゃべるほうは楽しいのかもしれないけど、時間を気にせずダラダラとしゃべりたいことしゃべっちゃう人が一人混ざるだけでもう台無しになりそうだから。だいいち5時間て長すぎるし。朝起きて会社行って、帰ってきてから夕食食べて彼女とオハナシして眠る、この生活のどこにもテレビに集中する5時間は捻出できない。

憲法9条に関する討論番組に、もしも僕が好きな人が何人か出ていたとして、僕が見たい番組の形態を考えてみた。
  • 番組は1~2時間、録画。
  • パネリストはちょっと調べる必要が出てきた時点でネットなどで調査していい(=事実に基づかない思い込みなどを防ぐ)
  • パネリストたちの意図に基づいて建設的でない部分や沈黙部分をカット
  • それでもおさまりきらない部分だけパネリストたちの信任するテレビ屋さん(筑紫さん?)の指揮の下、ナレーションにより要約


あ。ついでに実況アナウンサーとかいて、「ディベートスタジアム」とかで「討論の鉄人」とかいって毎週違うネタで討論してくれると面白がっちゃうかもしれない。
[PR]
by tockri | 2005-05-10 17:07 | ├ かんがえごと

大学でプログラムのお勉強

日本IBM、教育機関向けにソフト技術者育成を支援
昨年11月に始めた自社製の応用ソフトや開発ソフトの無償提供に加え、新たにソフト技術教育に使えるテキストを作成して無償で配布する。海外に比べ遅れているとされる大学での実用的なソフト技術教育を支援することで、日本のソフト産業の技術レベルの底上げをめざす。

ああ、いいニュースだ。こういう試みを継続していって、この「プログラム書けないプログラマ」が蔓延している現状を早く解消してほしい。
[PR]
by tockri | 2005-05-10 09:45 | ├ コンピュータ
 
移転しました。
by tockri
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧