簡単にさばく

長ズボンのとっくりです、こんにちは。

「捌く」という言葉があって、これは僕のお気に入りの動詞ベスト10に入る。残りの9個は知らない。「裁く」じゃなくて。

将棋で「捌き」というと、駒の取り合いをしかけて大駒のまわりの駒をシンプルにして、次の手の選択肢を広げる技術を指す。

サッカーで「捌く」というと、狭い面積で膠着しかけたとき、あるいはその前にフリーになっている味方に素早くボールを預けて攻撃を有利に展開することを指す。

蕎麦を捌くといえば、細く切りおわった蕎麦がお湯の中でくっつかないように一本一本の間に空気をいれてばらけさせることを指す。


思考が膠着することが嫌いだ。狭い局面であーでもないこーでもないとぐちゃぐちゃ考えていて、結論が出ないような話し合いが大嫌いだ。その狭い局面を抜けて、次元を一つあげて大局を見れば、考えてもどうしようもなくある一方の結論しかありえないようなことが多い。

熟慮するのと思考が膠着するのとは見た目が似ている。でも出てくる結果は全然違う。熟慮するというのはいろんな視点から問題を再構成して、全体最適を求めることだ。そこに必要なのは「簡単に捌く」技術だと思う。
[PR]
by tockri | 2006-08-17 09:13 | ├ かんがえごと
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧