上手に出来るとは

いつも下手くそなプログラムを見て
「なんでまともに設計しないんだ、なんでマニュアルに書いてあるとおりにしないんだ、なんでこんなに馬鹿みたいに長くて読みにくいんだ」
と憤ると決まって
「もう時間のないとこでだーって作ったものにあとからつぎはぎで足してって…時間なくて…」
という答えが返ってくる。
「時間がないから時間を無駄にしないように設計するんじゃないか。時間がないから出来るだけ楽できるように短く見通しのいいプログラムを作るんじゃないか。だいたいいくら時間がなくてもこんなの作る人は時間があったっていいものを作れるはずがない」
と思っても、まあ、大人なので。

ちょっとずつ全部言う。(言うのかよ)

思うに、「上手に出来る」というのは、コストをかけずにイイコトが出来るということなんだろう。

モテの上級者が非モテの人に「もうちょっと服装とかなんとかしなよ」と言って「いやあ忙しくて買いに行く暇が」とか「金なくて」とか言われたりして、「服買うのに時間なんかかからんだろ」「その変なネルシャツを買う金で別のを買えってことなんだけどな」と思っても伝わらないのと同じコトかもしれない。

上手に出来るようになるまでには結構なコストを払い続けてきた結果、コストをかけずにすんなり良い結果を出せるようになる、それが正しい上達の仕方だと思う。

上手な人に何か指摘されたときにコストがかけられないのではなく、自分が上手でないことが原因だと考える人が上達していく人なのかもしれない。
[PR]
by tockri | 2006-05-18 14:21 | ├ かんがえごと
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧