お手伝いロボ!

産業技術総合研究所のHRP-2が椅子を片付けたり冷蔵庫からジュースを持ってきてくれたりなんだかだんだん人間くさいデモができるようになってきた各所ロボットたち。

いろいろ「ただし」がついていて
それを「これは冷蔵庫であり、扉があり、扉を引けば開くことができる」といったことをロボットが自動的に認識するまでにはまだまだ溝がある。

 なお、今回の実験では、環境全体、すなわち環境のなかにある椅子やテーブル、冷蔵庫などは全て既知である。基本的にロボットは、どこに何があるのか知っているということだ。ただし自分の位置は未知である。

両腕を使いながら常に目標を視野に入れられる場所に自分自身の立ち位置を定めなければならないからだ。つまり動作のプランニングである。ロボットが自分でそのプランを獲得するのはもちろん、人間がロボットのプランを作るのも難しいという。

とまあ、いますぐロボがうちにきて小間使いをしてくれるってわけにはいかないみたい。でも、「こういうことが難しいんですよ」って研究者の人が言う内容がほんとにどんどん高度になってるここ数年。おでこを押されたら自分で後ずさってバランスを取る、とかで「おおお!」と喜んでた5,6年前からずいぶん進んだもんだね。


ま、それはともかくとして、言いたい。


このどうみてもミサイルとかビームとか出しそうなナリでやることはメイドかよっ!
[PR]
by tockri | 2006-01-31 11:21 | ├ モノ
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧