「売り方」:「作り方」>20:1 !?

2005年東京国際自動車会議: 滑り出し好調なレクサス、喜ぶ人あれば悲しむ人も

いつも楽しい浜田基彦さんの「走る曲がる止まる」。クルマそのもの、とりわけ技術への愛情が伝わってきて僕はダイスキです。


今回はトヨタソアラをレクサスSCに名前変えてお店を変えて営業スタッフの接客などなどを変えたらなんと前月比20倍のバカ売れですよっていうお話。


「いい物を作れば勝手に売れるのだ」という神話がすでに終わってるってことをこんなに端的に裏付ける実証データって、確かに今まであんまり無かった。(全く無いってわけでもないけど。ファッション業界とか。)

自動車みたいな高価な工業製品については、買う側だって自分の財布の都合のなかで用途や好みにあわせて一生懸命調べて比較するわけだし、「売り方」と「作り方」のどっちが売り上げに大きく影響するかって言えば、うーんどっちなんだろうねという話はずっとあった。


僕たちモノヅクリの(いや別に僕クルマ作ってるわけじゃないけどさぁ)人々は「いい物を作る」ことに喜びを覚えてはいても、やっぱりそれが売れないんじゃガッカリなので、やっぱり「いい物を作ることは売れ行きにつながるんだ」と信じている。もちろん「いい物を作れば何もしなくても売れる」なんて夢は見ていない。いい物を作ったと思っても売れなかった経験なんていちいち数えるまでもないし、ブランドマネジメントやマーケティングの重要さは骨身に沁みている。

それでも、なんとなく、商品の売り上げに対する「作り方」と「売り方」の貢献度の割合ってのは、1対1か、まあ言っても2対3くらいで売り方優勢なのかな、ぐらいの気分ではいたわけだ。

もし今後もソアラ改めレクサスSCが売れ続けるようなら、実は今の時代ってのは、その比が1対20とかそれ以上になっちゃってるんじゃないのか、という、モノヅクリ大好きな人々が薄々感づいて恐れていた仮説の検証データのひとつになってしまう。

「とことんいい物を作る」から「悪いものを作らなければいい」というふうにモノヅクリの姿勢が変化していくことは危険だ、という感覚はもちろん僕も持っている。でも、だって、それただの感覚で実証されてないもの。検証データゼロだもの。検証データがひとつでもある仮説が圧倒的に優位だ。いやな世の中だよマッタク。



それにしてもこの浜田さんのブログ、いつもどうにもコメント欄が楽しくない。今回も筆者が「営業力」と表現しているものについて、コメント欄に書き込んでる全員が勝手に「営業力=営業スタッフの売り込み腕力」で、ブランディングやマーケティングを含まない、とオレ解釈して、そのオレ解釈に向かって一生懸命イチャモンをつけている。

前の記事もその前の記事も、あんまりひどい作法では言い返してこなさそうなとこに向かってパブリックっぽい場で「批判」(カッコつき)したいっていう欲望に忠実な皆さんが実に自由にオレ解釈を披露している。あ~あ。げんなり。

僕のこの記事も自由な解釈で「批判」(カッコつき)しようと思えばやりたい放題だ。でもいっぱい書くの面倒いからいいやこれで。送信。
[PR]
by tockri | 2005-10-13 12:19 | ├ かんがえごと
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧