優秀な新人

「わからないことをそのままにせず、興味と向上心を持って勝手に成長していく」ようなのが出来のいい新人だと言われることが多いと思う。

それで「わからないことがあってもなんとなく待っていて、絶えず引っ張らなきゃいけない」ようなのとは別の人種のように論じられることが多いと思う。

でも違うんだよきっと。その「出来のいい」人は、最初からそうだったわけじゃない。そして「出来の悪い」人は、今後もずっと出来が悪いわけでもない。

両者の違いは、会社に入る前までの人生のどこかで何かのきっかけによって「出来が良く」なったかどうかなんだ。「出来がいい」人は自分のことを思い出してみるといい。人生のどこかにターニングポイントがあったはずだ。(ちなみに出来がいい僕の「そのとき」はたぶん小学校のときの進学塾)

それならば新人を迎えたときに先に会社に入っているこちらがやるべきことは自明だ。すでに「出来が良く」なっちゃってる人はそのままでよくて、まだなってない人にはそうなるきっかけを、なんとかして与えること。「そういうことは自分の努力によって」とかなんとかいう観念論はとりあえず脇においといて、だって出来がいい人が多いほうがこっちは楽でしょうに。

もちろん、会社内でありえる全ての方法できっかけを与えようとしてもスイッチがそこにない人もいると思う。実はその人のスイッチはNGOでボランティアで貧困を目の当たりにすることだったのかも知れない。そのときはしょうがない。

僕は最初の時点で出来上がっちゃってる人以外を「無能」よばわりしておきながら「有能」に脱皮させようとしない態度を怠慢、あるいは物忘れが激しいと看做す。
[PR]
by tockri | 2005-09-29 11:06 | ├ かんがえごと
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧