各自が利益を最大化することでうまくいくように

政治家の皆さんにとっての利益は、やっぱり長いこと当選し続けること。有力な政党についてれば当選確率は高くなるだろうし、そうでなくても何とかして票を集めることが出来れば美味しい生活が待っている。

投票ってシステムのおかげで、政治家が当選するためには有権者に利益をもたらすことで人気を得ることが必要で、不利益をもたらせば落選する、ということに一応、なったはずだった。

でも実際は、なんだかデフレとか景気低迷とかの不利益を被っていても誰が悪いのかイマイチわからないし、誰に投票すれば自分の利益が多く見積もられるのかもわからないわけで、有権者だって投票のしようがない。政治家の皆さんは、それでも当選するためにあの手この手を使って同情を引いてみたり相手をけなしてみたりするわけだ。とてもシンプルじゃないことになってる。

僕はそこで政治家に対して怒ろう、とは思わない。政治家ってのは有権者の人気を得ることで当選して利益を挙げる商売なんだから。もちろん心の底から理想を信じてみんなの幸せのためなら自分はどうなってもいい、なんて高潔な立派な人が政治家をやっててもいいけども、そういう人しかやっちゃいけないなんて言い出すと、国会だけで何百人も必要で、地方議会にもたくさんとなるとなり手がなくなっちゃう。

いいじゃない。「代議士ってのは美味しい商売」で。議員年金だってもらっちゃえばいいじゃない。美味しい商売だからこそ優秀な人が集まるんだろうから。学校教師が美味しい商売じゃなくなった結果として日本の教育がどうなっちゃったかを考えると、医者や代議士がウマく稼げてる状態のほうがいいと思う。

ただし、そこで、腕の良い医者ほどウマく稼げるのと同じように、代議士のシステムとして、「有権者に(国益などを含む広い意味での)利益をもたらせば当選できてウマく稼げる」というフィードバックが正しくかかるようになっていないと、こっちには何のメリットもない。

足りないのは政治家の評価システムだろう。「誰に投票すれば自分の利益が多く見積もられるのか」を予想するってのはちょっとあまりに難しすぎるので、とりあえずこれまでのところ誰が利益をもたらしてくれたのか、誰のせいで悪くなっちゃったのか。

テレビと新聞がそういうことしてくれないのはもうよくわかってる。

僕は将来的にはインターネットにそこんところを、多少期待している。
[PR]
by tockri | 2005-09-10 11:30 | └ 政治経済
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧