住む場所が自分の価値の一部と考える不思議な人々

東京嫌いの話とはちょっと違うけど僕の中では似ていることについて。

名古屋で高校生してたころの話。愛知県高校生フェスティバルに参加していた僕はトンテンカンテン釘を打ちながら他の学校の人と話していた。
他「へぇーtockri君名古屋の人じゃないんだー」
僕「うん」
「どこ生まれなの?」
「千葉の船橋ってとこ」
「勝った!あたし横浜」
「…いや、勝たれても。」


つい最近、とうに社会人になっている僕は知り合いの引越し相談を受けていた。
知「東上線近辺が便利そうだよな」
僕「そうだねえ」
「となると(東京都板橋区)成増か」
「え、(埼玉県)和光市のほうが家賃安いし混雑しないでしょ。一駅の差だし」
「いや、だって埼玉県民にはなりたくないでしょー」
「…そ、そう…?」


どうも住む場所について、「総合的な便利さ」「地価」以外の評価軸を持つ人がいるようなのだ。それは、なにか「恥ずかしさ」を伴うようなもので、わりと広い人たちの中で共有されているものらしい。


一定以上の期間その土地に住んで、その土地から受ける影響によって自分の性質、ひいては価値が変化するというのは、これは不思議でもなんでもない。

でも、ここで紹介した人たちは、明らかにそういう気の長い話ではなく、もっと瞬間的に、住む場所が自分の価値に影響を与える属性だと信じている。たとえば引っ越しなおせばまた価値が変動すると信じている。それは子供のころから何度も何度も引っ越してる僕にはとても不思議なことだ。
[PR]
by tockri | 2005-07-14 13:43 | ├ かんがえごと
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧