日本国債

日本国債
幸田真音

最近気になっている国債について、そのままズバリなタイトルの本を見つけたのでご購入。教科書みたいなのより小説の方がオモシロく読めるからねえ。

国債の発行と消化のことについて説明されていて、なおかつ面白い。

ちょっと、ディーラーという人種を戯画化しすぎているあたり、かえって「そこまで判りやすかぁないでしょ」って感じてしまったけど。

国が10年ものの国債を発行するとき、10年後に国がその額の数%増しで返せるだけの税金収入があるって見込んでるってことなんだと、とてもシンプルにしてしまえばつまりはそういうことで、で、今年の10年債発行額が22兆円

返せないじゃん!

現時点で毎年でっかい国債を発行してるってことはつまり国は赤字経営をしてるってことだねえ。

日本の収入、つまり給料の30%とかの所得税と、企業の利益の20%とか30%とか納められる法人税と、すべての消費の5%の消費税って今後もどんどん減っていくはずだよねえ。だって経済活動の弱い老人ばっかりで働き手が減るんだから。

収入が増えないんなら支出をどーんと減らさないと黒字転換はできない、「借金が返せません」って言うわけにもいかずまた借金して借金を返す自転車操業をする・・・

これってあれだね、リボ払いみたいなもんだね。
「わーい毎月2万円ずつしか返さないで良いんだ~楽ち~ん」
って言いながら毎月毎月5万円ずつ買い物する、みたいな。その買い物をやめるか現金で買い物できるだけの収入を確保するかどっちかにしろバカ、と。

これから高齢化社会になってジーサンバーサンだらけになって、そのさらに何十年か後には若い人だらけになる、というかジーサンバーサンになった世代がいっぺんに死んじゃうから人口ががたっと減る。日本が本当に元気になるとすればその頃なわけで、ちょうど僕達の子供ぐらいの時代なんだろう。

そんときに国が破綻寸前の借金苦でグチャグチャのインフレになってたりなんてあまりにも、まだ見ぬ子供達に申し訳が立たない。

そんなわけで、国の支出をちゃんと減らそうっていう構造改革には是非頑張っていただきたい>政治関係の皆さん

財務省:魅力あるクニづくり、ここからはじめてみませんか
[PR]
by tockri | 2005-06-14 01:02 | └ 読書
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧