郵政民営化の「無関心」

郵政民営化に関するニュースを見ていて思う。あちこちで「メリットが理解できなくて国民の関心が低い」ことが言われているけど、国の赤字体質を根本からなんとかすることがもしできれば長期で得になるんですよっていうハナシって、そんなに「理解できない」ってほど難しいハナシなんだろうか。みんな、日本がドツボ的経済状況にはまってしまうのは嫌だと思うのだけど。

過疎地のサービスがなんとか、のほうがよっぽど国民の関心は低いよね。だってほとんどの人は過疎地に住んでないのだから。

自分で興味を持って調べてみたから、僕はまあ何となく納得できてきた。(まだ二番目、三番目に大きな系の力学については書けてないけど)

どうも、テレビ局のみなさんがさぼってて放送に流れてないだけなんじゃないかって気がしてくる。そのままだと難しいんだけど大事なハナシをみんなに理解させる、なんて役回りを期待するのは高望みか?


日本の工業製品の品質がとんでもなく高いのは、消費者の目が(ほとんど粘着というほど)厳しいからだ。

選挙のときに誰に投票するかというのをみんなが厳しい目で選ぶようになってくれば、自然に政治家の品質は上がっていくと思う。感情論だけで息巻いてて、下手したら最近勉強始めたばかりの僕より経済のことを知らないんじゃないかみたいな政治家がいる現状ってなんか嫌だ。

安心して自分の住んでる国を任せられる政治家を選びたいと思うから、テレビがみんなの意識をそういう方向に操作してくれるとうれしいな。
[PR]
by tockri | 2005-06-08 10:40 | └ 政治経済
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧