小せえ小せえ

何年か前、中国人の友人が
「大阪を観光したいのですが、ほかにはどんな場所へ行ったらいいですか」
というから、
「そんじゃ、ちょっと足を伸ばして京都あたり行ったら?」
と言ってみたら
「大阪と京都は同じです。北京は京都から神戸あたりまですっぽり入る広さです」
なんて言ってた。なるほど。広さの感覚が違う。

中国だと隣の都市まで何百kmってあったりするから、大阪→京都は確かに近すぎるだろう。

ロサンゼルス上空を飛行機で飛んでいて、街にさしかかってから30分飛んでもまだ空港に着かなくて笑ったことを思い出した。



ふと、gooラボのぐりぐり地図で東京を見てみた。

タテヨコ20km四方の正方形に、山手線周辺の、いわゆる「街」の部分がすっぽり収まってしまった。

東京の感覚だと
「新宿から有楽町は遠い」
「板橋は地の果て」
「浅草から恵比寿とかって別世界」
なんて感じてしまうけれど、実はたったの半径10kmの中で近いだの遠いだの、あげくはどっちの土地がエライだのオシャレだのと競い合ってるわけだ。

広くて道の整備された地方都市だと、10kmぐらいは車で10分ちょい、ちょっと買い物にいくぐらいの感覚だったりするのにね。



そしてこんな土地に何百万人って人が群れているんだからそりゃー狭苦しいに決まってる。

たまに東京行くと、居酒屋で隣の席との間隔が50cmしかないとか、カフェで後ろの人の荷物に背中がぶつかるとか、店の狭さに不快感を覚えることが多い。ちょっとお高いお店に入って1食2000~3000円出してようやく「標準的な」広さの席に座れる。食事に金を出してるんだか面積に金を出してるんだかわからない。

「オシャレなオープンテラスでくつろいでるアタシ」とか思ってたってあんな狭くて暑苦しくて空気の悪いとこでちゃんとくつろげてるんだろうかと心配になってしまう。かわいそうに。




半径10kmからほとんど外に出ないで生活して、そこしか知らないくせに「東京サイコー!」なんて思っちゃってるたっくさんの人たち、たまにはちょっと常磐道で40分ほど走って、オシャレで広くて空気と景色が良くて料理が安くておいしい店がいくつもあるつくば市とかを見てくるといいよ。(水はまずいけど)
[PR]
by tockri | 2005-04-21 14:42 | ├ かんがえごと
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧