自分語りに関する考察

会話の中での、いわゆる自分語りを分類してみる。
  • 面白いの
  • 面白くないの

面白いと感じた自分語りをいろいろと思い出す。
  • 好きな相手の、それまで知らなかった情報を知れる
  • エピソードが面白い
  • お互いに言い合っている流れの中
  • 短い
  • それまでの話題への肉付けになる内容
  • ツッコミどころがわかりやすい
  • こちらに何か自分語りさせるための前フリ

面白くなかった自分語り…思い出すのもいやだけど、サンプル数が多いからわりと思い出せる
  • 単なる事実でエピソードが面白くない
  • それまでの話題の流れからなんか外れている(連想ゲームしてんじゃねえ)
  • 長い
  • たいして好きでもない相手
  • 返事のしようがない、会話がとまる
  • 自分だけ話して満足顔

こんなとこだろうか。

ちなみに面白くないパターンの要素が全部入ってるような自分語りをされてしまうと、生じる感情は「うざったい」にまで変化する。


面白い、と、面白くない、の境目は、自分語りをする人の目的意識が「会話を/場を盛り上げたい」にあるか、「とにかく自分が話したい」にあるかの違いなんじゃないかな。キーワードはサービス精神?

自分語りに限らず、会話に参加する全員がサービス精神をすこしずつ出し合うと、あと、それに技術がともなっていれば、会話ってとても面白くなると思う。
[PR]
by tockri | 2005-03-28 13:23 | ├ かんがえごと
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧