「やったもん勝ち」がやれてしまう世の中

各所の詳しいみなさんのブログなどの解説で、今回のニッポン放送の株をめぐるアレコレについて、まだちゃんとは説明できないけどおおまかには把握できてきた。

TOBと時間外取引のこと、
ライブドアの資金調達のこと、
利子とかなんとかの基本的なこと…

それにしてもこの2,3日で僕が学んだことというのは、テレビのニュースを見ててもぜんぜん語られてなくて、ニュースは飽きもせずに「25%」だの「33%」だのの数値のことばっかり繰り返していてうんざり。またテレビ嫌いが悪化しそう。

どうやら今回ライブドアがとった「強引な手段」というのは、「一応適法だけど、法律のもともとの趣旨に反する」らしい。専門家のみなさんはそれについて非難する人が多いようだし、そのうち徐々に実質的な影響が出てくるだろう。抜け穴を見つけたからって「やったもん勝ち」にはならないようだ。


で、ソフトウェアや製造業に関わる者はふと思った。これが日本国内のライブドアじゃなくて、たとえば中国とかのワケわからん会社だったらどうなんだろうって。

モノヅクリの世界ではアジア圏(とくに中国)の海賊版販売やパクリ(特許、著作権、商標侵害)はえらい規模になっていて、それまで日米欧ら「モノヅクリ先進国」が持っていた、「パクっちゃいかんよね」「著作権は大事だよね」なんてモラルやプライドや不文律は完全に無視されて、下手するとニセモノにシェアを奪われて大被害なんてとこもある。パソコンのWindowsも海賊版じゃないのを買うほうが難しいっていうし。中国政府はせっせと外貨を稼いでくれるそういう会社をとりしまる気がないように見える。

昔、日本人のサムライが「やあやあ我こそは…」と名乗りを上げてるとこに問答無用の火筒ドカーンとかやられてたのと同じ構図。どうも根底からルールのとらえかたが違うみたい。

だからって泣き寝入りするわけにもいかないからさらに商品力をあげようと頑張るわけなんだけども。まあ気分は良くないやね。

あの「やったもん勝ち」のメンタリティを持った連中がなんとかしてニッポン放送を乗っ取ろうとか、考えたら。まず間違いなく「もともとの趣旨」や「そもそも株式会社というのは…」みたいな議論は通用しないだろう。法律以外のルールは、結局のところ守ってくれない。法律すら、守ってくれるかどうか怪しい。

まあ、今現在は、国境を越えた株式の売買に関してはいろいろと僕の知らない制約があるのだろうから今すぐどうこう、とは思わないけど、将来的に、現在の製造業みたいに金融証券の世界でも国境がとっぱらわれてきたら、かなり痛いパンチをいくつか食らっちゃうんじゃないだろうかと素人ながら心配してみた。
[PR]
by tockri | 2005-03-09 16:12 | └ 政治経済
移転しました。
by tockri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
[media][gove..
from bewaad institu..
甘やかされた男たち
from とっくりばー
~が下手
from たのしい検索・ゆかいな検索
例えバトン
from ひまわりてんびんへの道
例えバトン
from 明日は明日のホラを吹く-To..
リンク
ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このブログのテキストおよび画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。




検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧